» 2022 » 1月のブログ記事

MIペースト

| ① 歯・健康 |

千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士&看護師の梅澤真里です。
今日はGCさんから届いたサンプルがびっくりだったので、ご紹介します。
当院でも使用しているMIペーストは豊富なミネラル(カルシウム、リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用をもつCPP-ACP(リカルデント)を含んだ口腔ケア製品です。
患者さんのブラッシングの後に、MIペーストを歯面に塗布してもらっています。特に知覚過敏の患者さんにはお勧めしています。

ミント、メロン、ストロベリー、バニラ、ヨーグルト味がありますが、当院で患者さんに販売しているのはミント味です。
そして、今日サンプルで頂いたのは…

なんと、ミルキー味。
辛党の私は見ただけでオエッとなりましたが、女性スタッフたちからは「かわいー」と好評でした。
歯ブラシをしてスッキリした後にミルキー味のペーストを塗布する( ^ω^)・・・
まだ怖くて味見はしていませんが、今晩、試してみたいと思います。
お子さん達には喜ばれるかもしれませんね。
サンプルは頂けませんでしたが、バレンタイン様にチョコレート味も販売されています。
今年のバレンタイン、主人にプレゼントしてみようと思っています。


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院です
歯科新聞に気になる記事を見つけました。
L8020乳酸菌を2週間摂取した人は、歯周病の原因菌の一つ「ジンジバリス菌」が約44%減少するというものです。
L8020乳酸菌は商品としてはタブレットやヨーグルト、歯磨剤などがあります。
記事には有効摂取量が記載されていなかったため、どれ位摂取すればよいのかは分かりませんが、気軽に試せる歯周病用だと思います。
もう少し詳しく調べて、又、ご報告いたします。


「させていただく」の使い方 日本語と敬語のゆくえ (角川新書) 新書 – 2022/1/8

なぜ、使わずにはいられないのか
「させていただく」は正しい敬語? 意識調査とコーパス調査で違和感の正体が明らかに。現代人は相手を敬うためでなく、自分を丁寧に見せるために使っていた。明治期、戦後、SNS時代、社会環境が変わるときには新しい敬語表現が生まれる。言語学者が身近な例でわかりやすく解説!

千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士&看護師の梅澤真里です。
本日紹介させていただく1冊は
当院に長年通院されている椎名美智様の作品です。
椎名美智様は法政大学の教授をされている才女なのですが、私のような教養のない人間とも気さくに話していただける、本当の才女!
TVやラジオでも活躍されています。

娘たちと話をしていると「なんじゃそりゃ」と思うような言葉を使っていてトホホという気持ちになる事も多いですが、時代と共に言葉は変化(進化?)すると思って無理にも納得してきました。けれど、椎名さんの考えも同じと知って何だかうれしくなりました。
最近の若者は!と憤慨している方、一度読む価値ありだと思います。
アマゾンでも購入できますので是非!


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士&看護師の梅澤真里です。
日本でボトックスと言えばおでこや目じりのしわに対する美容診療を思い浮かべる方が多いと思います。
しかし実は40年以上にわたって様々な疾病治療に使われています。
歯科では過大な咬合力を改善するために使用されています。
過大な咬合力が働くと、被せものが壊れる、歯の根が割れる、知覚過敏、歯の根元が削れる、顎が痛いなどの症状が現れます。
ボトックスと聞くとボツリヌス菌を注射して大丈夫?と思われると思いますが、ボツリヌス菌が産生する菌体外毒素(ボツリヌストキシン)を有効成分として筋肉内に注射するので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
私も噛みしめがひどく今までに力により歯根が割れた歯が3本・・・。
マウスピースは寝ている間に外してしまい効果なし。
数年前より定期的にボトックス注射を打つようになってからは朝、顎の痛みも消失しました。
夜寝ている間の噛みしめは自覚のないことも多いですが、一度ご自分のお口をチェックしてみてはいかがでしょうか?
咬合力が異常に強い方になると写真の様に口の中の骨が隆起している場合が多いです。


車いす研修

| その他 |

千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士&看護師の梅澤真里です。

昨日訪問歯科研修の一環でニチイ学館から介護士の講師の方をお招きして車いす研修を行いました。

長年通ってくださっていた患者さんの中には通院が困難になり訪問歯科に伺うことが増えてきました。

在宅診療での基本的な身体介助の方法を学びました。

スタッフの中には車いすを初めて触る者もいました。

講師の方は長年介護職員として勤務されていたとのことで横に5cm移動するなどの難しい操作も軽々行っていて勉強になりました。

在宅では移動できるスペースが限られているため病院や屋外での車いす操作よりもテクニックが必要になります。

当院の待合室は参加スタッフ12名、講師1名、訪問歯科業者2名でいっぱいでしたが、狭いスペースで車いすを患者さんの安全安楽を守りつつ移動する練習を行いました。

私も車いすを操作する機会はありますが、とても勉強になりました。


 

あけましておめでとうございます。
千葉県松戸市 しんぽ歯科医院です。

 

お正月休みも終わり、
すでに学校やお仕事といった
日常生活に戻りはじめた方も多いかと思いますが
たくさん休んで、たくさん食べ、
元気になった体で
この一年を健康に過ごしましょう!

 

 

さて、そんなお正月といえば、
皆さんのご家庭で「おせち料理」はご用意されましたか?

 

おせち料理に使われる食材には、
それぞれに「おめでたい意味」や、
「縁起をかついだ長寿の願い」などが込められており、
昔から多くの人々が
健康に長生きできるように願っていた
というのがよくわかりますね。

 

 

ところで、
そんな「身体の寿命」とは別に、
「歯」には「歯の寿命」がある
というのはご存じでしょうか。

 

実は、私たち人間は
80歳を迎えるまでに
たくさんの歯を失ってしまう
ため、
生涯自分の歯だけで食事を楽しめる人は
ごくわずかなのです。

 

そこで今回は、
そんな「歯の寿命」と、
それを延ばすための方法について
ご紹介させていただきます。

 

 

 

 

◆歯を○○歳まで長生きさせよう!

 

歯の寿命は人間の寿命よりも短く、
皆さんの年齢や健康状態に関わらず
歯が抜け始めてしまう可能性はゼロではありません。

 

しかも、歯の本数が減ってしまうと、
日々の食生活はもちろん、
コミュニケーションや
運動能力にも影響が及ぶ
など、
身体にも様々な悪影響があらわれはじめます。

 

 

つまり、
歯の有無は全身の健康に関係するため、
皆さんの健康・寿命
歯の健康・寿命
異なるようで密接な繋がりがある
ということなのです。

 

 

このことから、
厚生労働省と日本歯科医師会は
とある目標を提唱しています。

 

 

ずばり、その目標とは
80歳まで20本の歯を残すこと
=8020(ハチマルニイマル)運動です!

 

 

 

 

 

◆「歯」が減れば「食べられるもの」も減る

 

私たちは日頃、
お肉やお餅のように歯ごたえのあるものや、
おせんべいのような硬いものなど、
実に様々な食べ物を口にします。

 

 

しかし、歯の本数が減ってしまうと
それらをうまく噛み砕けなくなってしまう
ため、
食べものが喉に詰まる原因になることも。

 

 

 

そう、これまで
「おいしく食べられた料理」が一転して、
「命を脅かす危険な食べもの」
変わってしまうのです。

 

 

 

 

◆豊かな人生は健康なお口から

 

日本人の平均寿命は
男女ともに80歳を超えるようになり、
これからも延び続けることが予想されています。

 

 

 

しかし、せっかく寿命が延びても、
その時間を豊かに過ごせなくては
もったいないと思いませんか?

 

つまり、身体だけではなく
歯をより多く残し、
お口の健康を保つことが
重要になってきます。

 

それには歯の喪失の原因…
「むし歯」「歯周病」などの
予防・早期発見・早期治療
必要不可欠です。

 

 

特に歯周病は、
別名「沈黙の病」と呼ばれるほど、
自覚症状の乏しい病気。

 

気づいた頃には重症化していることも
少なくありません。

 

 

そのためにも定期検診は欠かさずに、
何か気になることがあれば
すぐに相談するようにしましょう。

 

皆さまの歯と健康を守るために、
常に最善の診療を心がけて参りますので
2022年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

しんぽ歯科医院
〒270-0021 千葉県 松戸市小金原9丁目17-47
TEL:0120-181-831
URL:http://shimposhika.com/
Googleマップ:https://g.page/shinposhika?gm


カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ