» ① 歯・健康のブログ記事

こんにちは。院長の新保です。
4月7日は「世界保健デー」、
世界保健機関(WHO)が誕生した日です。
WHOは世界の人々の健康を守るため、
毎年この日にテーマを決めて啓発活動を行っています。

 

お口の健康は全身の健康にも影響を与えますので、
歯は大切にしてくださいね!

 

 

さて、お口の健康維持に欠かせない定期検診ですが、
患者さまを診ていると、中には
「むし歯じゃないのに歯がしみる…」
という方がいらっしゃいます。

 

むし歯や神経の炎症がないのに歯が痛いときは、
『知覚過敏』かもしれません。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏とは!?

 

冷たいものや甘いものを口にした時、
そして歯を磨いている時などに
ピリッとした鋭い痛みが起こる症状を
『知覚過敏』といいます。

 

知覚過敏をもっとも多く患っているのは
20歳〜50歳で、
日本人の4人に1人が経験している
と言われています。

 

知覚過敏は一過性の痛みで
刺激がなくなればおさまるため、
放置している方も多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ!

 

知覚過敏は放置しておいても治るとは限らないので、
注意したい症状です。

 

 

 

 

◆知覚過敏はなぜ起こる?

 

知覚過敏は
「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。
歯の中心には神経があり、
やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

 

 

通常であれば、
歯の一番外側をエナメル質が覆っていて
痛みを感じることはありません。

 

ですが、象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、
痛みを感じやすくなります。

 

 

 

 

象牙質が露出する原因は、
・打撲で歯が欠けた
・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った
・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

 

などが考えられます。

 

 

 

硬い食べものばかり食べている人も、
歯に強い負担をかけることがあるので
注意しましょう。

 

 

 

 

◆歯ぐき下がりも知覚過敏の原因に!

 

歯の根っこも知覚過敏が起こりやすい部分です。
歯ぐきが下がると歯の根が露出して、
象牙質がむき出しの状態に…。

 

 

 

 

歯ぐきが下がるのは、
・加齢
・歯周病
・過度なブラッシング

 

などが主な原因。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏は放置しないで!

 

知覚過敏を放置していると、どうなるのでしょうか?

 

まず、歯ブラシが触れると痛みを感じるため、
歯みがきもおろそかになりがちです。
すると、プラークという細菌のかたまりが歯に付着し
むし歯になってしまうことも。

 

また、歯周病が原因の場合は、放置していると
いずれ歯が抜けてしまう原因にもなります。

 

そもそも歯がしみると、
おいしい食事も楽しめませんので
早めの受診をおすすめします。

 

 

 

◆歯みがきと治療で歯の健康を守ろう!

 

「知覚過敏かも!?」と思ったら、
歯みがきの仕方を見直してみるのも一つの方法です。

 

知覚過敏で歯がしみる時は、

①余分な力をかけない「ペングリップ」で歯ブラシを持つ
②毛先のやわらかい歯ブラシで力を入れず小刻みにみがく
③常温もしくはぬるま湯で口をゆすぐ
④歯みがき粉は知覚過敏に有効な「硝酸カリウム」入り

 

などのポイントに気をつけて歯を磨くのがおすすめ。

 

 

 

ご自身でできることもありますが、
痛みが続くときは我慢せず、
お早めにご相談ください!

 

 

 

しんぽ歯科医院
〒270-0021 千葉県 松戸市小金原9丁目17-47
TEL:0120-181-831
URL:http://shimposhika.com/
Googleマップ:https://g.page/shinposhika?gm


こんにちは。院長の新保です。
3月となり、今年も卒業シーズンがやってきました。

 

コロナ禍で今までとは違った学校生活に
戸惑いながら過ごした学生さんも
多かったのではないでしょうか。

 

困難な時期を乗りこえ、
新たな門出を迎えられることを祝福し、
未来が明るいものになるよう、
心から応援しております!

 

 

さて、コロナの問題が発生し、
外出時にはマスクの欠かせない生活が始まって
早くも1年が経過しました。

 

 

毎日のマスク生活の中で口元に意識がいくと

 

「自分の口臭が気になる」
「なんだか口の中がネバネバする」

 

と感じたことはありませんか?

 

それは、もしかしたらマスク生活による
「だ液の減少」が原因かもしれません。

 

今回は、「マスク生活とお口の環境」について
お話しします。

 

 

 

 

◆だ液の役割

 

だ液は通常、健康な成人で
一日に1.0~1.5リットル分泌され、
お口の中で

 

・粘膜の保護
・自浄、殺菌作用
・歯を再生させる(再石灰化)

 

など、多くのお仕事をしてくれています。

 

たくさんの「だ液」でお口の中が潤っていることは、
食べ物の消化を助けるだけでなく、
むし歯や歯周病のリスクから
身を守ることになります。

 

一見、マスクをしていると加湿され、
お口が潤うように思われるかもしれませんが、
だ液の分泌量はいろいろな要因によって減少します。

 

だ液減少の原因
・口呼吸
・ストレス
・脱水
・話さない(口まわりを動かさない)
など

 

 

マスクをしていると息苦しくなり、
たくさん空気を取り込めるよう口呼吸になりがち。

 

この口呼吸は、お口の中を乾燥させ
だ液の分泌を減らしてしまう原因となります。

 

 

 

さらに

 

・マスク着用や自粛生活を含む様々なストレス
・マスクの付け外しが面倒で水分摂取が減ること
・在宅時間の増加などで人と話す機会が減ること

 

これらすべてが、
だ液を減らす原因となっている可能性があります。

 

 

だ液の減少とともに
自浄・殺菌作用が低下してしまい、
口臭が気になったり、
お口の中がネバネバしたり…
といった不快感が出てくるだけでなく
むし歯や歯周病にかかりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

◆大切なことは、
歯科での定期的な検診とセルフケア

 

お口の中を健やかに保つために大切なのが、
定期的な歯科検診。

 

そして、歯ブラシなどによる
丁寧な口腔ケアや、
こまめな水分補給など、
毎日のセルフケアです。

 

 

むし歯、歯周病の治療や
クリーニングはもちろんのこと、
日々の正しいお手入れの仕方や、
マスク生活でのお口の悩みについても、
当院までお気兼ねなくご相談ください!

 

しんぽ歯科医院
〒270-0021 千葉県 松戸市小金原9丁目17-47
TEL:0120-181-831
URL:http://shimposhika.com/
Googleマップ:https://g.page/shinposhika?gm


松戸市小金原 しんぽ歯科医院の小暮です。

今日は歯周病と糖尿病のお話をします。

糖尿病を患う方は歯周病にかかりやすく、重症化しやすいことがわかってきました。 一

方で歯周病になると血糖値を下げるインスリンの働きが悪くなり血糖コントロールがうまくいかなくなり、糖尿病の治療が難しくなります。

また歯周病は、糖尿病の「第6の合併症」とも呼ばれています。

歯周病と糖尿病は互いに影響を及ぼす疾患ですので、内科や糖尿病内科での糖尿病の治療にあわせて、歯科医院にも定期的に受診し、歯周病の検査や治療を受けるようにしましょう。

 

常盤平駅 北小金駅 増尾駅 歯医者


松戸市小金原のしんぽ歯科医院の小暮です。

当院の咬筋ボツリヌス(ボトックス)治療ですが、協会の判断基準以上の実績を残しております。

その為、優良施設として認定証をいただきました。

ボツリヌス(ボトックス)の効果は

・顎関節症の緩和

・歯ぎしりの緩和

・被せ物の脱離、破損の防止

・食いしばりの緩和

・食いしばりによる肩こり頭痛の緩和

・ガミースマイル改善、口角挙上など です。

効果は3〜6ヶ月程度持続します。

食いしばりによって緊張している筋肉(エラ)が弛緩し 顔がスッキリします。

ご興味ある方はぜひお問い合わせください!

 

常盤平駅 北小金駅 増尾駅 歯医者


松戸市小金原しんぽ歯科医院の小暮です。
日本歯科新聞で面白い記事を見つけました!

『緑茶1日4杯以上で残存歯が多い傾向』

研究チームは要介護認定を受けていない65歳以上 2万4147人を調査し
緑茶の摂取頻度は、[ほとんど飲まない][1杯][2〜3杯][4杯以上]に区分。
1日4杯以上と答えた人は、飲まない人より1.6本多く歯が残っていた。

また同時に、1ヶ月に会う友人・知人の数も調査。
1ヶ月に10人以上会う高齢者は会わない人に比べて約2.6本多く歯が残存。

尚、1ヶ月会う友人・知人が少ない高齢者においては、緑茶を飲む頻度が高いことと残存歯の多さに有意な関連が認められた。

新型コロナウイルス感染拡大のために友人・知人に会う機会が少なくなっている今、緑茶の効果が期待できるかもしれない。

とのことでした。

緑茶だけでなく人とどのくらい会うかも残存歯に関係するとは驚きです。
私は普段緑茶をあまり飲まないので、これを機に飲むようにしたいと思います。

 

 

 

常盤平駅 北小金駅 増尾駅 歯医者


オススメの本

| ① 歯・健康 |

こんにちは!しんぽ歯科医院の小暮です。
今日は院長オススメの本の紹介をします。

東京医科歯科大学を首席で卒業した名医
“森下真紀“さんによる
『世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか』です。

歯に関するあらゆる正しい情報が載っており
今まで自分が思っていた歯に対する感覚を覆されました。

特に欧米では、歯並びは「富・育ちの良さ・ステータス」の象徴とされており、就職試験のために矯正するほど。
どんなに優秀でも、スーツや靴が完璧でも、歯や歯並びが汚いだけで、
「育ちが悪い」「社会的地位が低い」と思われるようです。

また5歳と2歳の子供がいる私にとって、「親の所得や学歴が低いほど、子供の虫歯が多い」というフレーズはドキッとしました。
さらに私の息子は5歳の誕生日の日まで指しゃぶりをしていました。
実際歯並びに影響が出てくるのは6歳頃からだということ。
それまでネットで調べた情報を鵜呑みにして、かなり焦っていた自分でした。早くこの本を読んでればもう少し余裕が持てたなと思います。

昔私が小学生の時に学校で歯磨き指導がありました。
その時先生に「今のうちは、泡が立ってよく磨けなくなるから、歯磨き粉をつけないで磨きましょう」と教わり、実は中学校に入るまで歯磨き粉はつけないで歯磨きをしていた私です。
そして虫歯は次から次にできました。
この本でも『歯磨き粉はたっぷりと!』そしてフッ素をなるべく残すため『すすぎの水は少なめに』と書かれています。
とにかく歯磨きは“歯にフッ素を塗る事が大事”だそうです。

他にも色々ためになる情報が山ほど載っています。
読んでいてとても楽しいです。
是非1度読んでみてください。
目次だけを読んでも、かなり勉強になりました。

松戸市 常盤平駅 小金原 歯医者


| ① 歯・健康 |

松戸市小金原 しんぽ歯科の新保です

コロナウィルスがいまだ収束ぜず不安な毎日が続いていますがみなさんどうお過ごしでしょうか?

口腔内を清潔に保つことは感染防止に役立つことは世の中に認知され、

とくに最近のコロナウィルスを心配されて歯科医院に来院する方が増えています。

一方高齢者の方々は外出を控えているため歯科医院でのメンテナンスが難しい状況となっております。

子どもの虫歯が減っている一方で高齢者の虫歯は増加しています。

虫歯は放置しても治ることはありませんので治療が必要です。

緊急事態宣言が解除されたこともあり当院では老人施設へ出向いて治療、メンテナンスを行ない口腔管理を行なっております。

1人でも多くの方が美味しく食事が楽しめることを願ってチカラを合わせ頑張っております。

何かお困り事がありましたらおっしゃってください。


松戸市常盤平の歯医者しんぽ歯科の新保です。

みなさんご存知でしたか?

お酒と歯周病は関係があるんです。

たまにテレビで拝見する大阪歯科大学の天野先生の研究室で明らかになりました。

日本人の40%にあたるお酒を飲むとすぐ顔が赤くなるアセドアルヒド不活性型の方は、赤くならない方にくらべ歯周病リスクが4.28倍高いそうです。

ちなみにもともと飲めない方はカウントしないそうです 。

僕はほとんど顔にでないので歯周病リスクは低くなりますが、これからビールの美味しい季節なので飲み過ぎてお腹が出ないかと心配です。

 

松戸 常盤平駅 小金原 しんぽ歯科


松戸市の常盤平の歯医者 しんぽ歯科医院の新保です。

久しぶりに感謝状をいただきました。
日々の診療において中々いただく機会がないせいか素直にうれしい気持ちになりました。

ようやく最近は手に入りやすくなったマスクですが4月には不足しており歯科医院にとってマスクはなくてはならないものですので世界中の歯科医師が苦労しながら確保していました。
たまたま患者さんのご紹介で大量購入のルートが開け私の所属するスタディグループの先生方達にかなりの枚数のマスクを届けることが出来ました。
困った時はお互い様、マスク詐欺も横行していた真最中の大量購入でしたのでかなり緊張しましたが無事確保。
みなさん備蓄がギリギリの状態でしたのでお役にたてて良かったと思っております。
当分コロナウィルス問題は続きますが1日も早く収束して欲しいものです。

#しんぽ歯科医院#しんぽ歯科#歯医者#歯科#歯科医院#松戸#松戸市#小金原#常盤平#常盤平駅#コロナ#コロナ対策#新型コロナウイルス感染症対策#インプラ予防歯科#クリーニング#歯周病#歯周病治療#矯正歯科


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士&看護師 梅澤です

現在、しんぽ歯科医院は午前中のみの診療でスタッフのコロナウィルス感染予防を行っております。

感染予防の基本的な考え方は3つあり

①病原体(感染源)を撲滅すること

②感染経路遮断すること

③宿主の抵抗力を高めること

です。

私たちが出来ることは②と③です。

②の感染経路の遮断では飛沫感染予防を行っています。

飛沫感染とは飛沫粒子(5μm以上)による感染で飛沫は空中を浮遊し続けることはなく1m以内に落下します。汚染水のしぶきなどからも感染します。

対策として

患者さんが待合室でお待ちいただくことを避け、お車で待っていただく。

待合室の椅子の配置を変え患者さん同士が「密」にならないようにする。

超音波スケーラーの原則使用禁止

フェイスシールド・ガウン・帽子着用

③の宿主抵抗力を高める ではスタッフは午前中のみで帰宅するため十分な休養がとれる

以上の対策をとっています。

飛沫感染予防措置として鼻腔・口腔粘膜・結膜への感染を予防することが重要です。

新型コロナウィルスが終息するまで皆さん、手洗い・うがい・舌ブラシを徹底して行って未知の敵に打ち勝ちましょう!

 


こんにちは😃 松戸市の常盤平の歯医者【しんぽ歯科】です!

歯並びが悪くて笑うときに気になる、 矯正をしたいけど器具をつけると目立つから気になる、 矯正って費用が高いんだろうな… そんなお悩みの方もいるのではないでしょうか

しんぽ歯科では抜かない・ワイヤーを使わない・費用の少ない 最新の矯正治療を提供しております!

当院の透明マウスピース矯正ならワイヤーなしで矯正治療ができ、 食事中や人前に出るとき、あなたの外したいときに 簡単に取り外しできるので目立つのが気になる方でも 安心して矯正治療ができます✨

歯並びが気になってうまく笑えない方、 当院の最新矯正治療でキレイな歯並びにして 自分に自信をつけましょう💪 ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

松戸 常盤平駅 小金原 しんぽ歯科医院


松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です。

今月17日から3日間ドイツのベルリンにて開催されたクインテッセンス社主催の講演会に参加してきました。

クインテッセンス社は戦後ドイツにて起業し世界の歯科書籍の最大手でありまた非常にレベルの高い出版物を発行する会社です。

今回は起業70周年記念イベントとして日本人を代表する歯科医が演者として招聘されました。

僕の尊敬し公私共にお世話になっている京都五十嵐インプラントセンターの五十嵐一先生と海老名ライオン歯科の鈴木仙一先生のお二人も講演される事もあり自分の事のように興奮し、また楽しみにしていました。

アメリカ、ドイツの著名な歯科医の講演も非常に良い刺激となりました。

ドイツの先生の発表を聞く機会はほとんどありません。

面白かったのはアメリカの先生と違い保守的な治療が多かった事でした。

歯科治療は各国ごとに大きく異なります。

政治、経済、国民性

私見ですが国、国民、医療従事者の全てが満足している国はありません。

しいて言えば歯科においては日本かなと思います。

必要最低限の治療は健康保険でカバーされ、保険外治療であれば最先端の歯科治療を受けることが出来る訳です。

 

印象に残ったのは日本を代表する入れ歯の名人、阿部二郎先生の講演、流暢な英語、素晴らしい内容のプレゼンに感銘をうけました。

ところがあまりドイツの歯科医は興味ないようでなぜかと質問すると総入れ歯の治療はほとんどないとの答え。

日本人の歯科医としてさみしい気持ちになりました。

やはりメインテナンスを1人でも多くの人に来てもらい歯をなくすことの無いようにしていかなくてはなりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


松戸市小金原しんぽ歯科医院の宇佐見です。

 

先日、UCLA歯学部のナディア教授が来日した際食事会に参加しました。

 

先生は今回LA 開業の清水藤太先生の根管治療コースで講義のため日本にいらっしゃいました。私も清水先生の講義は受講したことがあります。

清水先生のコースも会を重ねるごとにレベルの高い日本の先生が集まりナディア先生も喜んでいました。

 

新保院長とはブログでご存知のように大の仲良しですから院長も診療を調整して買い物など楽しんでいました。

 

食事会には衛生士コースの仲間達や院長の友人の先生も参加され大いに盛り上がりました。

 

私を含め日本の歯科衛生士がアメリカの歯科の現状や最新の治療を見聞きする機会はほとんど無く、こういう時はあつかましく色々聞いてしまいますが、小金原の皆さんにアメリカの最新の医療が提供できればと思っています。

 

シェーン教授にも色々とお話しを聞かせていただき、とても良い経験となりました。

 

あとから聞いたのですが、新保院長達とナディア先生はこのあと二次会でしゃぶしゃぶ食べ放題へ行き、三次会はラーメン食べて帰ったそうです。

どんだけ食べるのでしょうか?

 

皆さんお疲れ様でした!

    

 


松戸市小金原しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

今回は往診の様子をご紹介させていただきます!

長年にわたりしんぽ歯科医院に来院してくださったYさん。体調を崩されて通うのが困難になられたので、現在、訪問診療(往診)に伺わせていただいてます。このように長く患者様に寄り添うことができるのは、私個人としても嬉しいですし、衛生士としてもなってよかったと思う瞬間でもあります。

お口の中を清潔に保つことで、誤嚥性肺炎予防や口臭予防につながったり、味覚を正常に保てておいしく食べる事にもつながります。なかなか歯医者に来院するのが難しくなってきた方は、一度しんぽ歯科にご相談下さい。

        

 


松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です

 

先月末カナダバンクーバーで行われたアメリカ歯周病学会に参加してきました。

 

今回は日本歯周病学会も合同開催となり僕の所属している日大松戸歯学部 歯周病科の小方教授による講演もありその他にも日本からの先生方の講演があり多くの日本の先生方が参加されていました。

 

皆さんはあまりご存知ないと思いますがアメリカでは歯周病専門医がインプラント治療を行う事が多く学会の内容もかなりインプラントに関しての演題が占めています。

インプラントをただ埋めるだけの頃と違い歯茎をコントロールしていかに綺麗な仕上がりを作っていくかが重要になりました。

またインプラントの歯周病を予防すること、またなってしまった場合の対応がとても大切ですので歯周病の知識が豊富な専門医が治療をする傾向があります。

 

今回もインプラント歯周炎に関しての小方教授の講演だけでなくいくつかの最新の知見を聞くことがが出来ました。

皆さんの臨床に役立てるようスタッフにもきちんと知識を共有していきます。

 

今回はジーマーデンタルでうちの営業担当の村上君が本当に良くアテンドしてくれてとても助かりました

感謝です

 

お土産はアメリカ歯周病学会マーク入りの診察着ですちょっと気にしてみてくださいね。

 

 

           

 

 

 

 


こんにちは松戸市小金原しんぽ歯科医院 コーデイネーターの石川です。

羽鳥慎一さんの番組の影響で当院でも患者さんからのお問合せが殺到しています。

若者のテレビ離れがささやかれる昨今ですが、まだまだテレビの影響力ってすごいんですね。

最近は菌活や腸活なんて言葉も市民権をえていましたが、みなさまはバクテリアセラピーという予防医学のジャンルをご存知でしょうか?

バクテリアセラピーとは優れた善玉菌を摂取することより、体の中にいる菌のバランスを変え、体質を変えていく細菌療法のことで、世界63カ国の医療現場で導入されており4,000余の臨床治験は権威ある医学誌にも記載されている国際的にみとめられています。セラピーとは薬を使わず、手術もしないで心身のもともとある治る力ひきだす事です。

細菌(バクテリア)というとちょっとおどろおどろしい感じがしますが、私たちの体の中にはもともと500種500兆個もの人体常在菌が住んでいます。菌の中には悪玉菌と善玉菌がいてその善玉菌にがんばってもらいもともと私たちの体が持っている代謝機能や免疫機能を活発にしようということなんです。

そこで活躍してくれるのがロイテリ菌。

ロイテリ菌は人間の母乳から発見された乳酸菌で、悪玉菌の発育を抑え多くの善玉菌を元気に働かせてくれる強いみ方です。ですから悪玉菌の温床である歯槽膿漏のかたのお口の環境を整えます。また腸内フローラの善玉菌も元気になるので免疫力があがります。

当院ではこのバクテリアセラピーと平行して歯石取りをする、中度から重度の歯槽膿漏(歯周病)治療のコースも好評です。こちらはご家族でとりくまれるこが多いんですよ!!

予防の大切さや価値を認めてくださる患者さんが増えてくださっていることに感謝。

しんぽ歯科医院の目標はKEEP28(生涯一本の歯も失わせない)

そのためは患者さん自身が自分の健康は自分で守るという意識を持っていただくこと。そのお手伝いをさせてくださいね。

 

 

 


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

ただいまプチブームのロイテリ菌ですが、しんぽ歯科でもお取り扱いしてます!

6/7のTVで、羽鳥慎一のモーニングショーでも取り上げてました。

ロイテリ菌を続けて取ると。。。

*虫歯、歯周病の原因菌を減らします。

*口臭を減らします。

*便秘、下痢の方の便通を整えます。

*胃のピロリ菌を減らします。

*アレルギーの症状を軽減します。

興味のある方は、スタッフに声かけてください。


結婚式

| ① 歯・健康 |

千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 勤務医阿部です。

先週、友人の結婚式があり、名古屋まで行ってまいりました。

梅雨入りしてしまい、天候が危ぶまれましたが立派な晴天!!暑すぎるほどでしたが、

太陽の光に照らされて真っ白いウェディングドレスがキラキラと輝いていてとても素敵でした。

友人代表スピーチを頼まれていましたので、それが終わるまではドキドキ緊張が止まりませんでしたが、

無事なんとか使命を終えることができ、

なんとも思い出深い結婚式となりました。

新郎新婦の素敵な笑顔、やっぱり結婚式はいいですね。

私もそうでしたが、結婚式の前にはホワイトニング希望される方が多く

もちろん当院でも行っていますので、ご興味ある方は是非スタッフにお声がけください。

ただ虫歯のある方、歯周病のひどい方にはまず治療を行ってから、という風にご案内させていただいておりますのでご注意ください。

また効果も個人差があります。

もちろん!結婚式以外でも歯のホワイトニングに興味ある方はいつでもお待ちしております。

ホワイトニングにはお家で行うものと、当院で行うものの2種類があります。

ライフスタイルによって選択いただけると思いますので忙しい方も安心してくださいね。

お見苦しい写真ですが、私のbefore/afterです。

白くなったの分かりますか?

私の場合、2回ほどでこのようになりました。しかし嗜好品によっても持ちが変わってきます。

また、知覚過敏も併発してしまう可能性もありますのでご注意を!

最後に話題が戻りますが、素晴らしい結婚式でした。

 

 

 


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科医院 受付小暮です。

 

本日、当院でお薦めているポイックウォーターの勉強会がありました。

ポイックウォーターは歯周病口臭に効果があり

お口の中たんぱく汚れ(プラーク)を分解し除去しながら

除菌・消毒が出来る洗口液です。

ポイックウォーターでうがいしその後軽くブラッシングするだけで

下の写真のように赤い染め出しがきれいに落ちます。


 

 

 

 

 

お薬ではなく、純粋なを電気分解して作っているので

安心してお口に含んでいただけます。

 

正直、私が1番ビックリしたのは

歯周病と口臭の予防・改善だけでなく

口内炎インフルエンザ、更にはニキビアトピーにも効果があるという事!

肌にもシュシュっとやってみようと思います。

 

しっかり説明を聞いて、私もやる気が沸いてきました!

毎日正しく使用して効果を実感したいと思います!

 

 

 


松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です。

5月14日でしんぽ歯科医院も開業20年となりました。

時を同じくして悲しい知らせが

歯科界の重鎮

染谷成一郎先生がお亡くなりになり
落合斎場でのお通夜に参列してきました。
我々の業界では義歯治療の大家として長きにわたって臨床、教育と多くの歯科医師を育ててきました。
僕は開業してまもなく自費治療を学ぶ為に毎週水曜日休診にして大久保にある染谷先生の診療室に見学に数年間通わせてもらい基礎から難症例まで一から教えていただきました。
事のはじまりは
勤務医時代は保険診療を中心にやっていたのですが小金原で開業してみると来てくれる患者さんの多くが自費診療を希望され、とくに年配の患者さんは多少費用がかかっても良いので具合の良い入れ歯をつくってほしいと言われることが多く困って先輩に相談したところ染谷先生のところに行きなさいと言われおそるおそる行ったのがはじまりでした。

「臨床の達人」という本が出るほど

神様みたいな存在でその当時75歳くらいの先生でしたが現役バリバリで診療していて若造の僕などがおいそれと見学させてもらえるような雰囲気ではありませんでした。
しかしちゃっかりスタッフの皆さんにも可愛がってもらい毎週楽しく通わせてもらっていました。
現在しんぽ歯科医院は夜は6時までですが開業当初は8時まで診療していました。
染谷先生に「新保君良い治療をめざすなら夜間診療はやめなさい」と言われ次の日から6時で終わりにすることで医療ミスを未然に防ぐこととなりまたスタッフの満足度は計り知れないこととなりました。

またアポイントもひとりの患者さんを1時間から2時間かけて丁寧に治療する医院の体制も僕にははじめてでスタッフも連れて皆で見学させてもらい雰囲気づくりから接遇まで大変良い勉強となりました。

先生がお亡くなりになり改めて自分の臨床を振り返るといかに多くの治療の中に先生から学んだことの多さに気がつかされました。

長い間ありがとうございました。

松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です

5月13日の土曜日福岡で行われた日本歯周病学会に参加してきました。
昨今歯周病と全身の病気の関係がテレビマスコミなどで取り沙汰されることもふえますます人々の関心があつまっていることもあり、会場は大勢の歯科関係者で賑わっていました。
今回は母校日本歯科大教授の関野先生による歯周病専門医、認定医の為の教育講演と秋に僕が理事を務めるスタディーグループJAID が秋に学術大会を行う際に講師をお願いする長谷川嘉明先生の講演の2つを聞く為に参加しました。
現在日大松戸歯学部歯周病科の研究員として歯周病を学んでいますが時代も大きく変わりメインテナンスから歯石除去、再生療法、インプラントと多岐にわたっています

常に勉強しなくてはならないことを痛感した学会でした。

 

 

 


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科医院 衛生士山中です。
しんぽ歯科では、バクテリアセラピーという新しいタイプの予防医学を取り入れることなりました。バクテリアセラピーとは、医療と福祉の先進国スウェーデンの医療機関が中心となって開発した、お口の中の菌のバランスを管理することで、お口だけでなく全身疾患の予防につなげていく新しい予防医学です。
歯科ではヒトのお口の中に元々存在する、ロイテリ菌を補給することで、お口の善玉菌の割合を増やしていき、歯周病や虫歯・口臭の予防に繋げていきます。

ロイテリ菌はお口だけでなく胃(ピロリ菌)・腸・さらに免疫などの全身の健康にも期待できます。また抗菌剤とは違い体にとって良い菌には影響がないのでお子様からお年寄りの方までどなたでも安心して取り組むことができます。

興味のある方はスタッフにお尋ねください!

私も長年アトピー性皮膚炎に悩まされているのですが、ロイテリ菌はアレルギーの抑制にも効果があり、アトピー性皮膚炎の緩和が確認されているので早速取り入れていくことにしました!


| ① 歯・健康 |

千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

先日ニュースで高齢者で歯が全くない人は、歯が20本以上ある人に比べて抑うつになるリスクが1.28倍と高くなる、と言われていました。

今まで食べられていたものが、歯が動いたり抜けたりして食べられなくなると気分が落ち込んだり、友人と食事に行くのが嫌になったりするようです。

高齢者にとって食事は大きな楽しみで、友人との食事は社会参加にもなるので、歯の健康を保つことは精神的な健康につながる。と締めくくられていました。

もし、歯が抜けているのなら入れ歯やインプラントにしたり、そもそも抜けないように日々のお手入れは大変重要になりますね!最近、定期健診に行ってなかったり、食べずらさを感じているなら歯医者に行ってみるのはいかがでしょうか?


松戸市 小金原  しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

先日、元なでしこジャパンの澤穂希さんと、日本大学松戸歯学部学部長の川良美佐雄氏との特別対談の記事を読みました。澤さんは、口腔に対する意識が高く、2ヶ月に1回のペースで検診を受けているそうです。子供の頃から歯磨きには抵抗がなく、現役時代には、チームメイトと共に練習や試合前には歯磨きをして臨んでいたという事です。そうすると気持ちもスッキリするという事ですが、それは私もそう感じます!気持ちの切り替えに歯磨きはオススメです。もちろん歯にも口腔衛生にも良いので一石二鳥ですね。

スポーツ選手は力を入れる際、強く嚙みしめることが多く、澤さんもそれによる奥歯の擦り減りがあるそうです。それだけ奥歯には負担がかかるんですね。嚙みしめには為害作用が多く、歯が割れて抜歯になる事も!歯にヒビが入っているなど、歯医者では予兆を見つけ、マウスピースなどの対処法を取る事もできるので、スポーツをされている方は、一度歯医者で診てもらってはいかがでしょうか?

澤さんは現在妊娠中で、乳児の口腔ケアについても質問されていました。小さい頃からの歯磨きの習慣は本当に大切で大人になってからも続きます!澤さんのように母親の意識が子供の口腔内を守る事に繋がっていきます。私も母親なので、そういった知識を患者様にお伝えしていきたいです。

一人ひとり背景があります。その背景に合ったプランを提供できる衛生士になれるよう日々頑張ります!

 


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

今日はキシリトールについて少しお話ししたいと思います。皆さんはキシリトールをご存知でしょうか?ガムとかに使用されている甘味料として使われたりしてますね!良くキシリトールは歯にいいと聞きますが、なぜ歯によいのでしょうか?

キシリトールを摂取すると虫歯になりにくくなります。そもそも虫歯はどのようにして出来るのでしょうか?簡単に言うと、虫歯菌が口の中の食料(主に糖分)を食べて、強い酸性の排泄物を出し、その排泄物によって歯が溶かされ穴が開きます。これが虫歯です。虫歯菌が直接歯を食べているわけではないのです。

人間にとってキシリトールは甘味料で食べ物ですが、虫歯菌にとっては食べ物ではないのです。食べ物ではないので、いくら与えられても食べることができず、酸性の排泄物は出されません。よって、虫歯にならないのです。

食料がなければ虫歯菌も弱って数も減ります。

虫歯菌は直視できませんが、歯垢(プラーク)は虫歯菌がの表面に留まるために作ったものなので、歯垢が多ければ虫歯菌も多いということになります。キシリトールを毎日5g摂取すれば口の中の虫歯菌も減るとされています。そうなれば、歯垢の量も減ります!歯垢は口臭の原因の一つなので、歯垢が減れば、虫歯も口臭も減り良いことだらけですね。

もし、ガムを食べる習慣があるならキシリトール入りのものにする事をオススメします。ただ、ショ糖も含まれているものだと意味がないのでキシリトール100%の物を選びましょう!


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

最近、気になる歯ブラシが出来ました。イオン歯ブラシです。皆さんも聞いたことがあるかもしれません!でも、イオン歯ブラシって、何がどういいのでしょうか?

仕組みはこうです。イオン歯ブラシの毛先から発生するマイナスイオンの力で、唾液等にあるプラスイオンの力で歯に付着しているプラークを浮き上がらせて落としやすくする。と言うものらしいです。

もちろん、浮き上がらせて落としやすくしているだけなので、ちゃんと歯ブラシが歯面に当たらなくてはプラークは除去できないようですが…。

手用や電動歯ブラシからも出ているようですが、お値段もお手頃な手用歯ブラシの方に今度チャレンジしてみようと思います!

使用したら、また感想を報告しますね。


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科医院 衛生士 山中です。今回は歯ブラシについてお話ししようと思います。

最近はドラックストアでも沢山の種類の歯ブラシが売っていますね。毛先が極細なのや球になっているもの、山切りカットや平切りカット、毛が柔らかい物から硬いもの…。種類が多すぎて、どれが自分には合っているのか迷ってしまいますね!

しんぽ歯科医院でも、沢山の種類の歯ブラシを取り扱ってます。

image

 

どうしてこんなに沢山の種類があるのでしょうか?それは個人の歯肉や歯並びにあった歯ブラシを選ぶためです。

柔らかい歯ブラシでソフトに磨くのが好きですか?それとも硬い歯ブラシで力強くガシガシ磨くのが好きですか?やはり、皆さん好みがあると思います。でもその歯ブラシ、自分に合ってますか?ちゃんと磨けていますか?なかなか自分では判断するのは難しいかもしれません。

せっかく磨いているのに柔らかすぎる歯ブラシでプラークが取りきれていないかもしれません。固すぎる歯ブラシで歯が削れてしまったり、歯肉が退縮してしまっているかもしれません。歯ブラシが古くなってコシがなくなったり、毛先が広がってはいないですか?

しんぽ歯科医院では、毎回定期検診の度に患者様がお使い頂いている歯ブラシを持ってきてもらいチェックさせて頂いてます。場合によっては、患者様の今の歯肉の状態に合った歯ブラシを提供させていただいてます!

もちろん、定期検診以外でもチェックさせて頂いてますので、気になることがあればいつでも聞いてください!

虫歯0を目指して歯磨き頑張りましょう‼︎

 


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士 山中です。

皆さん、自分にあった虫歯予防。って知っていますか?そのように尋ねられると、ちょっと返事に困ってしまう方が多いのではないでしょうか?

まず、自分にあった虫歯予防とはどういったものでしょうか。

それはひとつ、自分の虫歯へのリスクを知ることです。それは唾液検査で知ることが出来ます。唾液検査では、唾液の量、虫歯菌の量、緩衝能(酸性から中性に戻す力)を知ることが出来ます。この診断を元に医療者側は患者さんの口の中がこの先どのように推移していくのかある程度予測できます。

そしてふたつ、医療者側はこの結果を患者さんに分かりやすく説明し、具体的に何をすれば良いのか示します。そして、具体的な予防プログラムを作成、提示することになります。

自分の弱いところを知ることが出来るので、患者さんとしてもどこを注意していけば良いか明確になりケアに取り組みやすくなると思います❗️

しんぽ歯科医院では、希望される方は子供からお年寄りまで唾液検査を行っています‼︎興味のある方は是非お尋ねください(^^)

image


千葉県松戸市小金原 しんぽ歯科医院 衛生士山中です。

image今年のリオオリンピックは日本人が大活躍でしたね!過去最多のメダル数だったそうで、しんぽ歯科医院に来院されている患者さんも、オリンピックを見るために寝不足の方もチラホラいらっしゃいました。

私は主にニュースでハイライトを見る派でしたが、どの国の選手もメダルを手にした時の笑顔が本当に美しい‼︎そして、美しい歯並び‼︎職業柄、常に口元をチェックしてしまうのです。

そういえば、テレビで目にする米国や欧州の方の口元って、みなさんキレイです。そんな海外の方は、日本人の口元をどう思っているのでしょうか?実は、こんな調査結果が出ているのです。

在日外国人100人に調査したところ、日本人の口臭にガッカリした経験がある外国人は7割超。日本人とキスしたくないと感じたことがある外国人は4割超‼︎

とても…ショックです!そんな風に感じられていたなんて…

そう言えばこの夏、しんぽ歯科に来院された患者さんで、海外赴任していて夏のお休みの時に帰国していた方が、仲良くなった現地の方に、『あなたと仲良くなったから言うけど、日本人って歯がきたないわよね。』って言われてショックだった。と言うお話を思い出しました。

意外と身近な実体験もあり、考えさせられてしまう調査でした。

米国では、幼少期からクリーニングに通う習慣がついており、口に対して清潔に保つ意識が高いので、他人の口も気になるようです。

でも、自分の口臭にはなかなか気が付きにくいもの…。かと言って、人に聞くのも恥ずかしいですよね。そんな時は、口臭測定器で調べる方法があります。しんぽ歯科医院にも、高機能の口臭測定器がありますので、細かいデータに基づいたケアを提供できます。気になる方は声をかけて下さいね!

image

 

 

 


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科 衛生士 山中です。

先日友達から相談のLINEがありました。内容は、友達のお子さんが1歳半検診に行くのに受診票を書いているのだけど、『希望者にはフッ素塗布を無料で行います。』ってあるんだけど、やった方がいいの?と、いうものでした。

フッ素は歯に塗布することによって、歯の表面のエナメル質を硬くしたり、虫歯菌の活動を抑制したりする働きがあます。
特に生えたての乳歯や永久歯はエナメル質がまだ柔らかく虫歯になりやすいので、その時期に塗布すると効果が高いのです。

なので、友達にもオススメしておきました!

ただ、1回塗ればずっと効果が続くわけではないので、3ヶ月くらいの定期検診の時にフッ素塗布してもらうのが理想です。歯が生え始めた0歳の時からフッ素塗布は出来ます。しんぽ歯科でも、小さな時から定期検診を受け、フッ素塗布をして虫歯0のお子さんがたくさん居ます‼︎味もブドウやリンゴなどがあり、お子さんにも好評です。赤ちゃんの時期から歯医者さんに慣れてもらい、虫歯0を目指しましょう!


千葉県松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です

先日ライオン歯科衛生研究所主催のシンポジウムが開催されました。

日本の著名な先生方はじめロスアンゼルス研修の際に医院見学させてもらったジョアンオトトモ前アメリカ歯周病学会会長の講演がありました。

歯周病と糖尿病の密接な関係性や早産や低体重児のリスクについて細かくお話ししてくださりやはり口腔と全身の疾患の問題は医科と歯科ともに公衆衛生の問題と捉え予防歯科の重要性を訴えメンテナンスの普及に努める必要があると締めくくりました。

IMG_7407


カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ