» 2013 » 4月のブログ記事

勉強会

| ① 歯・健康, ⑤ 地域 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です。

26日からワイキキのモアナサーフライダホテルで開催中のORE という勉強会にきています。
今回で3年目になるこの会はSJCD 始め私が理事をつとめるJAID、その他多くのスタディグループが参加しています。

今は亡き宇野澤先生も理事として立ち上げから携わったこともあり今回初めて参加しています。
数名の友人達の発表があり楽しみです。ただし目の前ではいいいい波が割れていて激しい誘惑にかられますが(笑)

KIMG0398 KIMG0370


[歯の卒業証書]

佐賀県にある武雄小学校の卒業生には、記念品として歯の卒業証書が贈られます。

歯の卒業証書には、1年次から6年次までの自分の顔と歯の写真に、校医を務める歯科医師の増田純一先生のコメントが添えられています。

増田先生は、「命の入口である口の中心にあるのが歯であり、食べる、噛むための歯は命の柱」といい、口から家庭と地域の意識を向上させる取り組みに尽力されています。

日々、歯科医療に奮闘されている方々に感謝です。


デンタルエステ導入セミナー

歯科だけでなく、美容エステスクールにてあらゆるマッサージを習得したデンタルエステシャンが

実習を繰り返したレッスンで、即使える技術をお教えします。

リンパドレナージュ&表情筋矯正マッサージは歯科助手の方も受講可能です

デンタルエステのセミナー風景です。

デンタルエステのセミナー風景です。

デンタルエステのセミナー風景です。

デンタルエステのセミナー風景です。

 

 

初期導入コース(エステを取り入れるのが初めての方向け)

1日目 ガムマッサージ リップマッサージ 唾液腺マッサージ

2日目 リンパドレナージュ

 

リンパ導入コース(リンパマッサージを取り入れるのが初めての方向け)

1日目 リンパドレナージュ体験と実習

2日目 リンパドレナージュ実習と復習

 

スキルアップコース(すでにリンパマッサージを取り入れている方向け)

1日目 リンパドレナージュ&表情筋矯正マッサージ体験と実習

2日目 リンパドレナージュ&表情筋矯正マッサージ実習と復習

 

各コース共通

所要時間:5時間×2日間

場  所:貴医院及び指定場所 又はしんぽ歯科医院

費  用:個人参加の方 1名 60,000円

医院単位 150,000円(最大6名まで)

しんぽ歯科医院以外の場合は交通費別途

 

最終日にディプロマ(修了証)を発行いたします

お申し込みはTEL 047-340-1818 しんぽ歯科医院 梅澤まで

 

http://www.shimposhika.com/pdf/esthe/pdf/kogao.pdf

 


千葉県松戸市小金原デンタルエステサロンKOKUA代表 梅澤真里です。
歯科雑誌「アポロニア」を発行している歯科新聞社の美シェア会に参加した時の記事が今月号に掲載されました。講師を務めた石塚先生は訪問歯科診療に力を入れている歯科医師ですが、ラテンダンサーでもあり、エステシャンでもあります。
スタイルバツグンで、トークもバツグン!
憧れの先輩です。
実はこのセミナーの後、懇親会があったのですが、更にその後2人で夜中の2時まで居酒屋でおしゃべりに花を咲かせてしまいました(^。^;

ダンスや子育て、デンタルエステの意義などなど初対面とは思えない盛り上がりを見せてしまいました。
6月に先生のセミナーがあるので今から楽しみです! 
NEC_0437.JPG


 

Doctor’s File☆[File no.005](前編)

つじむら歯科医院 総院長 辻村 傑 先生】

神奈川県伊勢原市で、徹底した予防管理システムを構築することで、患者さんの幸せな人生をプロデュースしているつじむら歯科医院の辻村傑先生の思考に2日間にわたって迫ります。

… 浦濱(以下、浦):
「辻村先生が歯科医師を志したきっかけを教えてください。」

辻村先生(以下、辻):
「高校時代は、インターハイに出場するほど、乗馬に明け暮れる毎日でしたが、進路を選択する際に、このままエスカレーター式で大学に行くのは嫌だと思い、将来のことを真剣に考えるようになりました。小さい頃はむし歯で苦労していたのですが、かかりつけの先生は、しっかりと説明をしてくれる先生だったので、ネガティブなイメージをポジティブに変えていくことのできる仕事に不思議な魅力を感じました。小さいころから細かいことやモノを作ったりすることが好きだったことも後押しして、歯科大学に進もうと考えました。」

浦:
「開業されてからはどういう経緯で現在の予防管理型の歯科医院を構築されたのですか?」

辻:
「当時は1日に80人から100人程度の患者さんが来院していて、丁寧な治療を心がけていたのですが、どうしても何年かすると再発して戻ってくる患者さんがいるという壁にぶつかりました。現在とは少し考えが違うのですが、当時は未熟だったこともあり、その原因は保険診療の限界にあるのではないかと考えるようになり、そこから包括診療という自費治療主体の診療をするようになりました。」

浦:
「それによって、先生の抱えていた問題は解決したのですか?」

辻:
「一口腔単位の包括診療をするようになったことによって、高額な治療費用がかかるようになりましたが、既に悪くなってしまった口腔内ばかり治療していくということに対して、何か自分自身が奪略的な治療を行っているような気がしてしまい、本当にこれでいいのかという別の疑問が出てくるようになりました。一時は歯科医師を本気で辞めようかというところまで悩みました。」

浦:
「どうやってその問題を乗り越えることができたのですか?」

辻:
「当時、私はドイツ式の包括診療を学んでいたこともあり、フランス、ドイツ、フィンランドなど各国の歯科医院を見学に行きました。そうしたら、国民の歯科医院の利用方法が日本とはまったく違うということに気がつきました。第一に、特にフィンランドではその傾向が顕著だったのですが、国民が歯科医院に来るのに嫌な顔ではなく、ニコニコした笑顔で来院していました。悪くなったら来院するという繰り返しではなく、しっかりした検査と診断に基づく治療とその後のフォローという体制が確立されていたんです。まさに直感的に「このスタイルだ!」と思いましたね。」

浦:
「日本に帰国してからはどのようにして具体的な形に落とし込んでいったのですか?」

辻:
「歯科衛生士とともに、予防先進国の予防管理方法を吟味することから始め、まずは、200名の患者さんに対してエビデンスを収集することから始めました。患者さんは疾患の根本原因がわかることから、納得感も高くなり、やはり笑顔で来院するようになりました。2003年から『やるなら全員にやろう』という考えで、すべての患者さんにこれを行うようになりました。」

浦:
「予防管理型の歯科医院を構築するというのは、スタッフにも負担がかかることだと思うのですが、スタッフから異論が出ることはなかったのですか?」

辻:
「それはなかったですね。実際に患者さんの状況が良くなっているということが客観的なデータをもとにわかるようになってくると、歯科衛生士と患者さんとの間の信頼関係が生まれ、それによる口腔内環境の改善につながっていくということが、歯科衛生士にとってのやりがいにもつながっていったように思います。」

浦:
「患者さんのデンタルIQが低い段階で、予防を自費診療でやることの難しさというのはなかったのですか?」

(明日の後編に続きます)

(写真:つじむら歯科医院 総院長 辻村傑 先生)

インタビュアー:浦濱隼人
2013/04/24

写真: Doctor’s File☆[File no.005](前編)

【つじむら歯科医院 総院長 辻村 傑 先生】

神奈川県伊勢原市で、徹底した予防管理システムを構築することで、患者さんの幸せな人生をプロデュースしているつじむら歯科医院の辻村傑先生の思考に2日間にわたって迫ります。

浦濱(以下、浦):
「辻村先生が歯科医師を志したきっかけを教えてください。」

辻村先生(以下、辻):
「高校時代は、インターハイに出場するほど、乗馬に明け暮れる毎日でしたが、進路を選択する際に、このままエスカレーター式で大学に行くのは嫌だと思い、将来のことを真剣に考えるようになりました。小さい頃はむし歯で苦労していたのですが、かかりつけの先生は、しっかりと説明をしてくれる先生だったので、ネガティブなイメージをポジティブに変えていくことのできる仕事に不思議な魅力を感じました。小さいころから細かいことやモノを作ったりすることが好きだったことも後押しして、歯科大学に進もうと考えました。」

浦:
「開業されてからはどういう経緯で現在の予防管理型の歯科医院を構築されたのですか?」

辻:
「当時は1日に80人から100人程度の患者さんが来院していて、丁寧な治療を心がけていたのですが、どうしても何年かすると再発して戻ってくる患者さんがいるという壁にぶつかりました。現在とは少し考えが違うのですが、当時は未熟だったこともあり、その原因は保険診療の限界にあるのではないかと考えるようになり、そこから包括診療という自費治療主体の診療をするようになりました。」

浦:
「それによって、先生の抱えていた問題は解決したのですか?」

辻:
「一口腔単位の包括診療をするようになったことによって、高額な治療費用がかかるようになりましたが、既に悪くなってしまった口腔内ばかり治療していくということに対して、何か自分自身が奪略的な治療を行っているような気がしてしまい、本当にこれでいいのかという別の疑問が出てくるようになりました。一時は歯科医師を本気で辞めようかというところまで悩みました。」

浦:
「どうやってその問題を乗り越えることができたのですか?」

辻:
「当時、私はドイツ式の包括診療を学んでいたこともあり、フランス、ドイツ、フィンランドなど各国の歯科医院を見学に行きました。そうしたら、国民の歯科医院の利用方法が日本とはまったく違うということに気がつきました。第一に、特にフィンランドではその傾向が顕著だったのですが、国民が歯科医院に来るのに嫌な顔ではなく、ニコニコした笑顔で来院していました。悪くなったら来院するという繰り返しではなく、しっかりした検査と診断に基づく治療とその後のフォローという体制が確立されていたんです。まさに直感的に「このスタイルだ!」と思いましたね。」

浦:
「日本に帰国してからはどのようにして具体的な形に落とし込んでいったのですか?」

辻:
「歯科衛生士とともに、予防先進国の予防管理方法を吟味することから始め、まずは、200名の患者さんに対してエビデンスを収集することから始めました。患者さんは疾患の根本原因がわかることから、納得感も高くなり、やはり笑顔で来院するようになりました。2003年から『やるなら全員にやろう』という考えで、すべての患者さんにこれを行うようになりました。」

浦:
「予防管理型の歯科医院を構築するというのは、スタッフにも負担がかかることだと思うのですが、スタッフから異論が出ることはなかったのですか?」

辻:
「それはなかったですね。実際に患者さんの状況が良くなっているということが客観的なデータをもとにわかるようになってくると、歯科衛生士と患者さんとの間の信頼関係が生まれ、それによる口腔内環境の改善につながっていくということが、歯科衛生士にとってのやりがいにもつながっていったように思います。」

浦:
「患者さんのデンタルIQが低い段階で、予防を自費診療でやることの難しさというのはなかったのですか?」

(明日の後編に続きます)

(写真:つじむら歯科医院 総院長 辻村傑 先生)

インタビュアー:浦濱隼人
2013/04/24

=============================
5/19(日)に辻村先生に講演していただけることになりました!たくさんの方に聞いていただきたいオススメセミナーです♪

※詳細&お申込みはコチラから
https://www.facebook.com/events/552201174789888/
 

Doctor’s File☆[File no.005](後編)

【つじむら歯科医院 総院長 辻村 傑 先生】

神奈川県伊勢原市で、徹底した予防管理システムを構築することで、患者さんの幸せな人生をプロデュースしているつじむら歯科医院の辻村傑先生の思考に2日間にわたって迫ります。

… 浦濱(以下、浦):
「患者さんのデンタルIQが低い段階で、予防を自費診療でやることの難しさというのはなかったのですか?」

辻村先生(以下、辻):
「保険制度の枠組みを考えると、これはもう予防は自費診療でするしかないと思いました。当時1,000名ぐらいの患者さんがいましたが、きちんとした根拠をもとに話をすると、殆どの患者さんは自費診療に同意してくれました。それと、近隣に若手の先生が開業してくれたことが大きかったですね。そのおかげで、自分のところですべての患者さんを見なくてはいけないというプレッシャーからも開放されました。そのため、自費診療の価格改定も行うことができ、診療時間も20時から18時までに短縮することができました。」

浦:
「普通とはまったく逆の発想ですね。辻村先生の医院のスタッフは、皆さんイキイキと仕事をしていますが、取り組みが増えてくると、スタッフの方が疲弊してきたりするということはないのですか?」

辻:
「私たちの歯科医院では、職種ごとの業務のみに集中することを徹底していますので、そのようなことはないですね。」

浦:
「職種ごとの仕事に集中できる体制が整っているんですね。予防管理型歯科医院の軸となる歯科衛生士の方の教育はどのように考えていらっしゃいますか?」

辻:
「私たちの医院では5年で一人前になれるようなステップを作っています。5年経過して、晴れて一人前と認められれば、医院から蝶のブローチをプレゼントします。当院では、この蝶のブローチをつけた歯科衛生士は個室スペースを持つようになり、患者さんへの対応から会計、次回のアポイントまですべて一人で完結してもらうような形で、いわば、個人事業主のようなかたちで仕事をしてもらうようにしています。歯科衛生士の社会的地位の向上も私が目標とすることのひとつです。このような形をとっているため、患者さんも何か困ったことがあると、歯科衛生士かコーディネーターに連絡をしてきます。」

浦:
「歯科衛生士ばかりが院内でクローズアップされると歯科助手との軋轢や仕事に対する温度差というのは生じないのですか?」

辻:
「歯科衛生士も歯科助手がいるからこそ、自分たちの仕事がスムーズに進むということをわかっていますので、お互いに尊敬の念をもって接していますから、そういうことは起きないですね。また、私たちの医院では、歯科助手でも様々なバックグラウンドを持っているスタッフがいて、全国大会に出場した経験を持つものや臨床心理士の資格をもったもの、イラストを書くのがうまいもの、フライトアテンダント経験者などがいますので、それぞれが自分の強みをいかした役割を担ってくれています。」

浦:
「先生の医院では困ったことは起きないのですか?」

辻:
「あまりないですね。週に1回、2時間のミーティングを開いていますが、日報をクラウド上で共有をしているので、殆どの問題がクラウド上のやりとりで解決して、どうしても取り上げる必要のあるものだけミーティングで議論して、そこで解決するようにしています。」

浦:
「素晴らしい仕組みですね。今後の辻村先生の展望を教えてください。」

辻:
「歯科衛生士の教育というのは難しいと感じますので、当院で活躍してくれている歯科衛生士が他医院で活躍できるような仕組みを作っています。ある試算によると、予防管理型の歯科医院を実践することで、歯科医療の需要というのは今よりも40倍はあるだろうと言われています。まさにブルーオーシャンですね。こうしたことに貢献できればと思っています。」

浦:
「辻村先生、ありがとうございます。」

(写真:つじむら歯科医院)

インタビュアー:浦濱隼人
2013/04/25

写真: Doctor’s File☆[File no.005](後編)

【つじむら歯科医院 総院長 辻村 傑 先生】

神奈川県伊勢原市で、徹底した予防管理システムを構築することで、患者さんの幸せな人生をプロデュースしているつじむら歯科医院の辻村傑先生の思考に2日間にわたって迫ります。

浦濱(以下、浦):
「患者さんのデンタルIQが低い段階で、予防を自費診療でやることの難しさというのはなかったのですか?」

辻村先生(以下、辻):
「保険制度の枠組みを考えると、これはもう予防は自費診療でするしかないと思いました。当時1,000名ぐらいの患者さんがいましたが、きちんとした根拠をもとに話をすると、殆どの患者さんは自費診療に同意してくれました。それと、近隣に若手の先生が開業してくれたことが大きかったですね。そのおかげで、自分のところですべての患者さんを見なくてはいけないというプレッシャーからも開放されました。そのため、自費診療の価格改定も行うことができ、診療時間も20時から18時までに短縮することができました。」

浦:
「普通とはまったく逆の発想ですね。辻村先生の医院のスタッフは、皆さんイキイキと仕事をしていますが、取り組みが増えてくると、スタッフの方が疲弊してきたりするということはないのですか?」

辻:
「私たちの歯科医院では、職種ごとの業務のみに集中することを徹底していますので、そのようなことはないですね。」

浦:
「職種ごとの仕事に集中できる体制が整っているんですね。予防管理型歯科医院の軸となる歯科衛生士の方の教育はどのように考えていらっしゃいますか?」

辻:
「私たちの医院では5年で一人前になれるようなステップを作っています。5年経過して、晴れて一人前と認められれば、医院から蝶のブローチをプレゼントします。当院では、この蝶のブローチをつけた歯科衛生士は個室スペースを持つようになり、患者さんへの対応から会計、次回のアポイントまですべて一人で完結してもらうような形で、いわば、個人事業主のようなかたちで仕事をしてもらうようにしています。歯科衛生士の社会的地位の向上も私が目標とすることのひとつです。このような形をとっているため、患者さんも何か困ったことがあると、歯科衛生士かコーディネーターに連絡をしてきます。」

浦:
「歯科衛生士ばかりが院内でクローズアップされると歯科助手との軋轢や仕事に対する温度差というのは生じないのですか?」

辻:
「歯科衛生士も歯科助手がいるからこそ、自分たちの仕事がスムーズに進むということをわかっていますので、お互いに尊敬の念をもって接していますから、そういうことは起きないですね。また、私たちの医院では、歯科助手でも様々なバックグラウンドを持っているスタッフがいて、全国大会に出場した経験を持つものや臨床心理士の資格をもったもの、イラストを書くのがうまいもの、フライトアテンダント経験者などがいますので、それぞれが自分の強みをいかした役割を担ってくれています。」

浦:
「先生の医院では困ったことは起きないのですか?」

辻:
「あまりないですね。週に1回、2時間のミーティングを開いていますが、日報をクラウド上で共有をしているので、殆どの問題がクラウド上のやりとりで解決して、どうしても取り上げる必要のあるものだけミーティングで議論して、そこで解決するようにしています。」

浦:
「素晴らしい仕組みですね。今後の辻村先生の展望を教えてください。」

辻:
「歯科衛生士の教育というのは難しいと感じますので、当院で活躍してくれている歯科衛生士が他医院で活躍できるような仕組みを作っています。ある試算によると、予防管理型の歯科医院を実践することで、歯科医療の需要というのは今よりも40倍はあるだろうと言われています。まさにブルーオーシャンですね。こうしたことに貢献できればと思っています。」

浦:
「辻村先生、ありがとうございます。」

(写真:つじむら歯科医院)

インタビュアー:浦濱隼人
2013/04/25

=============================
5/19(日)に辻村先生に講演していただけることになりました!たくさんの方に聞いていただきたいオススメセミナーです♪

※詳細&お申込みはコチラから
https://www.facebook.com/events/552201174789888/

千葉県松戸市小金原デンタルエステサロンKOKUA代表 梅澤真里です。
新大久保の韓国式リンパマッサージ「コルギ」受けてきました!
私が選んだのは背中と顔のコース。
普段から肩こりのひどい私は背中のコルギは気持ち良くって寝てしまいそうでしたが、いよいよ顔に入ると、痛い!!!
骨が折れるかもという噂は本当でした!(^^)!
大柄な男性が施術してくれたせいもあると思うのですが、痛い!
折れそう!
結果は顎の辺りがスッキリしたような…。
やはり1回ではなかなか劇的な変化は難しいと思うので、頑張ってあと数回受けてみようと思います(^o^)
ビフォア&アフターの写真を撮ってもらったのですが、接写モード?なのか魚眼レンズで撮ったような写真で、全く変化分からずの写真しかありませんでした(^。^;)
帰りは新大久保の韓国料理で一人ランチ!(^^)!と行きたいところですが娘の家庭訪問があるので、ダッシュで帰宅途中です。トホホ。


咲きました

| その他 |
P2013_0423_190535

松戸市小金原しんぽ歯科 衛生士柴田です。
去年 父のかわりに世話をしたサボテンが可愛い花を咲かせました。忙しい日々… こんな小さな花からエネルギーを貰いました。


ミュシャ展

| ④ 日常, ⑥ 趣味 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院 歯科衛生士 松下です。
 
先週17日、ミュシャ展に石川さん、成澤さんと3人で 行ってきました。
 
アルフォンス・ミュシャはアール・ヌーヴォー様式の巨匠でポスターの美い女性が印象深いですが、劇団上演をはじめビールや自転車、石鹸、レストランのメニューなど様々な作品がありひとつひとつ見ていて楽しかったです。あのネスレもありました。
 
 
晩年は18年かけて祖国チェコにスラブ叙事詩を完成させ、今回華やかだけではないミュシャとチェコの歴史にふれることができました。
 
5月19日まで六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催中です。
 
もう一度見たいな~と思っています(笑)
 

ミュシャ展


千葉県松戸市小金原 デンタルエステサロンKOKUA 代表 梅澤真里です。

行ってきました。韓国エステ「骨気コルギ」

横着をして地元で済まそうとしたせいか、結果は「・・・」

全然、撫でているだけ?私の表情筋矯正リンパマッサージの方が痛い!上がる!

小顔効果は?「・・・」

全く変化なし。

思わずエステシャンの人を寝かして私が施術しようかと本気で考えてしまいました。(笑)

ダメだ!やっぱり新大久保に行かなければ!

皆様、必ずや骨が折れそうな痛みを身をもって経験して来ますので、もう少しお待ちを。

ゴールデンウィーク明けにデンタルエステ・リンパマッサージ個人レッスン講師の仕事がありますので、それに間に合うように行ってくるつもりです。


千葉県松戸市小金原 デンタルエステサロンKOKUA代表 梅澤真里です。

最近、知り合いになったエステおたくの美人歯科医師の先生とエステ談議に花を咲かせていたところ、その先生は「コルギ」なるエステにはまり中とのこと。

調べてみると韓国の小顔マッサージで「骨気」と書くそう。相当痛いとの事。

しかし、その先生は50歳には見えぬプロポーションと小顔の持ち主。

これは、一度試してみねば・・・という事で、早速今夜予約を入れてみました。

私の表情筋マッサージもかなり痛いと評判(笑)ですが、それ以上の痛みとのことですので、覚悟を決めて行って参ります!


[医療分野における歯科の重要性]

65歳以上の高齢者(老年人口)が初めて3千万人を超えたといいます。(※1)

予防医療やアンチエイジングが注目されるなかで、医療分野における歯科の重要性はますます大きくなっていくと感じます。

※1)2012年10月時点の推計人口による(総務省)

記事・浦濱隼人
2013/04/18


[99歳までは助走、100歳からが本番だ(曻地三郎)]

先日の記事で、日野原重明先生をご紹介させていただきましたが、101歳を迎えた日野原先生が「兄ちゃん」と慕う曻地三郎(しょうち・さぶろう)先生がいます。

106歳を迎えた曻地先生は、現在でも現役で働かれ、英仏独など8か国語を使うといいます。

曻地先生の健康法は、“よく噛むこと”だといいます。

曻地先生の脳をMRIで分析した島史雄先生は、「脳が30歳若い。咀嚼によって、内臓に負担を与えず、良質の栄養が全身と脳に供給されている。知覚や聴覚をつかさどる脳幹網様体も活性化し、脳の各部へ信号を伝達、脳全体の活力が増している。」と分析します。

改めて咀嚼の重要性を感じます。

参考文献:
「食 くらし」取材班編『命の入口 心の出口』(西日本新聞社)

記事・浦濱隼人
2013/04/17

 

[童話の王様と歯痛]

『裸の王様』や『みにくいアヒルの子』などの代表作で知られる、ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、ひどい歯痛に悩まされていたといいます。

1867年、アンデルセンが、生まれ故郷であるオーデンセの名誉市民に選ばれた際に、祝賀パーティーの席でスープしか口にすることができず、その様子を見ていたオーデンセの市民は、「偉くなったのに威張らず、謙虚な人だ」と感動したという逸話が残されています。

1867年といえば、ハーバード大学歯学部が設立された年。歯科医療を取り巻く環境も現代のように整備されていなかったことを考えると、世界中の子供たちに夢をあたえた童話の王様も歯痛には勝てなかったのかもしれません。

多くの先達の努力によって、現代に生きる私達が医療の恩恵を受けられることに感謝です。
記事・浦濱隼人
2013/04/16


[歯磨きは心磨き]

ライオン株式会社が女性を対象に実施した「オーラルケアに関する意識調査(※1)」のなかで、自分のライフスタイルや生活について充実感を得ているかどうかの調査を行ったところ、夜の口腔ケアを5分以上実施している女性は、「自分は幸せだと思う」、「生活に充実感を感じている」、「仕事に充実感を感じている」などの項目で有意に高い結果がでたといいます。

※1)
『オーラルケアに関する意識調査』,ライオン株式会社,2010
(調査対象は、首都圏に住む20~50代の女性620人)

歯磨きは心磨きといえるかもしれません。

解説・浦濱隼人
2013/04/15


花見

| ④ 日常 |

松戸市 小金原 しんぽ歯科医院 衛生士沼田です。

今年は桜が咲いてる期間は長かったですが、お天気があまりよくなかったですね。

桜を撮りに行こうと思っても曇りや、雨ばかりでした~。

さくら

 


としごろ

| ④ 日常 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院受付成澤です。

冬物のコートやジャケットが、毎年増えているような気がします。増えたのは子供のもの。

おしゃれに気を使う息子を見ると、朝起きて、顔も洗わず学校に行ってたころが懐かしく感じます。

いつの間にか、そういうとしごろになったんですね。

ここでひとつ疑問が。

彼の買った服なのに、クリーニング代を出すのは、なぜ母なのでしょう?


松戸市小金原しんぽ歯科医院受付北澤です。

 今回もまたアポロニア21より気になる記事を見つけました。 「医院改善」というページに「患者さんが気になるちょっとしたこと」というコラムがありました。 その中の一つスタッフの身なりを取り上げています。 医院ではそれぞれユニフォームを着ていますが、その姿で外出するのはどうなの?というもの。 まあちょっとお昼に買い物と思ってユニフォームのまま外に出ること、私たちが何気なく当たり前にしている事でも一般の方からするとマイナスのイメージを受けているようです。 そうですね、あまりいいものではないかもしれません。 気をつけます。

 そうなんです。 ユニフォーム姿でなくもちろん普段の私服の時でも、近くのスーパーでお買い物している時に患者さんにばったりお会いする事がしばしば。 お互いに気づけばもちろんご挨拶しますが、ユニフォームを着ていなくてもわかっていただけて、嬉しいような・・・。 あっ、ちゃんとお化粧してきて良かった。とホッとするやら。 気を抜いちゃいけませんね。 (*´艸`)

  


千葉県松戸市小金原 デンタルエステサロンKOKUA代表 梅澤です

昨日は当院にて2日コースのデンタルエステセミナーを行いました。

講習会の内容は前回のガムマッサージ、唾液腺マッサージ、リップマッサージの復習と、セミナーのメイン「表情筋マッサージ」「リンパマッサージ」です。

表情筋マッサージは相互モデルをするのですが、あまりの痛みに1名の衛生士さんは涙ボロボロ。

モデル続行不可能になり、セミナーアシスタントの当院のDHが急遽モデル役になるというハプニングがありました。

確かに表情筋マッサージは痛い!でも、効果は抜群なので、これからは患者さんのために心を鬼にして力いっぱいマッサージをしてください。(笑)

 


「歯は、人間の玄関(日野原重明)」

聖路加国際病院の理事長である日野原重明先生は、御年101歳を迎えた現在でも3年先までスケジュールがいっぱいになるほど、精力的に活動されています。

日本で最初に人間ドックを開設し、早くから予防医学の重要性を説き、終末期医療の普及にも尽力されるなど、日本の医学の発展への貢献は一言で言い尽くせないものがあります。

日野原先生は、「歯の健康を保つことこそ長寿の秘訣」と語り、現在でも17本の歯が残っているといいます。

「歯は、人間の玄関」

日野原先生の言葉に、あらためて歯科医療の重みを感じます。

解説・浦濱隼人
2013/04/11


[定期検診の経済性]

先日の記事(2013/04/10)で、シニア世代へのアンケート調査【人生で後悔していること】の健康部門<第1位>が『歯の定期健診を受ければよかった』であることを紹介したところ、歯科塾読者の方から、「その他のジャンルの第1位は何ですか?」というメッセージをいただきました。

「お金と暮らし」では、『もっと貯金しておけばよかった』/「仕事と人間関係」では、『一生続けられる趣味を見つければよかった』がそれぞれ第1位になっています。

興味深いのは、『もっと貯金しておけばよかった』理由である「想定外の出費は?」に対する回答では、医療費が<第2位>にランクインしていることです。

歯の定期健診を受けることで、お金と健康に関する両面の悩みが軽減するということを広く一般の方々に理解してもらうことが重要だと感じます。

解説・浦濱隼人
2013/04/10


しんぽ歯科医院非常勤講師のシャチョーです。なにぶん非常勤なので唐突な出没です、ってクマかよっ!

出張ネタも飽きたので今日は趣向を変えて。

普段はITの仕事をしています。仕事柄(PC)、外見(リュック)、態度(人見知りの超内向的)からよくオタク扱いを受ける事があります。自分ではそう思わないのですが自己評価と他者評価だと案外、自意識の変なフィルターがかかっていない分、周りの人の意見や評価の方が正しい事もしばしば。なので今日は少しそれ系のブログでも書いて、最終的にはたしてどっちがより現実に則しているのかを結論付けしてみようと思います。

オタクといえばゲーム。なんだろ。今はほとんどゲームをしていないけど、そういえば昔はやってたな・・・。ゲーム&ウォッチ。ファミコン。スーパーファミコン。ゲームボーイ。ゲームボーイアドバンス。バーチャルボーイ。任天堂64。セガサターン。熱があったのはここまで。うーん、こうして挙げてみると割と凄いですね。客観的に見てこれは・・・w

でその中で好きだったゲームを3つ選べって言われるとテトリス(ゲームボーイの)と桃鉄(スーファミの)とアフターバーナーⅡ(ゲーセンの)なのかな。それぞれ思い出があって、テトリスは高校の時、部活の合宿に行く際に暇つぶしに持って行ってみんなで盛り上がったのを覚えてる。あのころはモノクロ3色のゲームでも熱く盛り上がってたなー。

桃鉄は大学の時、友達の寮に集まって夜通しやってくっちゃべってた。もっと前の世代は麻雀なんだろうし、自分の世代でも麻雀やってた奴もいたけど学部の所為か少数派だった。アフターバーナーⅡは自分の人生のベストワンゲーム。往年のセガ体感シリーズ第何弾だったっけ?w忘れたけどバブリーなゲームだった。筐体が上下左右に動いてレバーとスロットルで戦闘機を操作してとにかく敵を撃ちまくる!単純明快のゲーム性と気分を盛り上げる音楽。至高のゲームとはまさにこれのことなり。今のゲームと比べると画面は寂しいし、ドット絵だけどそういう事と自分の感性に訴えフィーリングに合うかどうかというのはまったく別。何万円使ったかなぁこのゲームに。つーかゲーセンの筐体を本気で自分で買って所有しようと思ったのはコレだけ。最初にして最後。

ちなみに映画「ターミネーター2」でジョン・コナーがT2000に最初に見つけられた時にやっていたのがこのゲームなんですよ。つい数年前にアフターバーナークライマックスというリニューアルゲーがリバイバル体感ゲームで出てたのでそれも何回かやってみましたが、クライマックスモードというスローモーションモードがなんだか肌に合わず、盛り上がれませんでした。下の写真はひとつ前のアフターバーナーの筐体。アフターバーナーⅡはこれにスロットルレバーがついて加減速ができるようになったゲームです。

以下のyoutube動画はゲーセン用ダブルクレイドル版アフターバーナーⅡです。

http://www.youtube.com/watch?v=gHIS_U4oOBU

書いてるうちに懐かしくなってアフターバーナーⅡの情報を検索してみたら、案外自分の人生でゲームを1本選ぶとしたらこのアフターバーナーⅡ!っていう人が多いみたいでビックリ。何かこう、訴えかけてくるものがあるゲームなんでしょうね。今現在稼働しているものがあったら名古屋あたりまでなら行ってまたやりたいな・・・。

ふー。ゲーム編終了。疲れた・・・。

 

ひょんな事からポップコーンとチョコビスケとお茶が手に入って今日はラッキー!しかもポップコーンは惜しいけど、チョコビスケとお茶はその分野の中で一番好きな銘柄を偶然頂いた。日頃の行いが良いのかな?そういうことにしておこう。えーと、サブカルなのでアニメ(漫画)編と心霊編も書こうと思ったけどもう夜も遅いのでかなり眠い。

それはまた今度、時間がある時にお菓子を頬張りながら書くことにします。そもそも明日仕事だしw

寝たい時は寝た方がいい。人間だもの。みつを。


[シニア世代のアンケート結果にみる定期メンテナンスの重要性]

雑誌PRESIDENTが、55歳から74歳の男女1,000人を対象に【人生で後悔していること】というテーマで「健康」、「お金と暮らし」、「仕事と人間関係」の3つのジャンルにわけて調査した結果、「健康」では、『歯の定期健診を受ければよかった』が第1位になっています。

将来の長期的なイメージをどれだけ持たせてあげられるかということが重要だと感じます。

解説・浦濱隼人
2013/04/09

 


[歯と音程]

元人気バンドSIAM SHADEのメンバーで、歌手の栄喜さんが書かれた自伝のなかに、「若い頃、歯が何本か欠けてしまったことで音程が取れなくなったことが非常に大きな悩みだった」ということが書かれています。

噺家の方も歯が悪くなるとだめになると言われますが、一流の世界では、歯一本が仕事のクォリティーに大きな影響を与えるということかもしれません。

良い歯科医師との出会いは、一生の財産だと感じます。

写真: [歯と音程]

元人気バンドSIAM SHADEのメンバーで、歌手の栄喜さんが書かれた自伝のなかに、「若い頃、歯が何本か欠けてしまったことで音程が取れなくなったことが非常に大きな悩みだった」ということが書かれています。

噺家の方も歯が悪くなるとだめになると言われますが、一流の世界では、歯一本が仕事のクォリティーに大きな影響を与えるということかもしれません。

良い歯科医師との出会いは、一生の財産だと感じます。

解説・浦濱隼人
2013/04/08

=============================
次回歯科塾(第7回)は、4/21(日)です☆
※詳細&お申込みはコチラから
http://www.facebook.com/events/496393107070814/

解説・浦濱隼人
2013/04/08


千葉県松戸市小金原デンタルエステサロンKOKUA 代表 DH梅澤です

先週の金曜日、歯科新聞社様にお邪魔して、社員の方にリンパマッサージ施術とセルフリンパマッサージレクチャーをして来ました。

若い女性ばかりでしたが、デスクワークでお疲れの様子。

皆さん、リンパマッサージは初めてとの事。

最初は「よろしくお願いしまーす」とニコニコ即席ベットに寝転ぶのですが、始まると悶絶!ボロボロと涙を流す方もいました。

ごめんなさい。私が悪いのではなく、つまってるリンパが悪いのです。

梅澤憎まず、リンパを憎むべし。

表情筋を鍛えリンパの流れを良くすれば、免疫力アップ、唾液量増加、リフトアップと良いことずくめ。

歯科新聞社の皆様、是非是非、お教えしたセルフマッサージ、習慣にしてくださいね。


せっかく…

| その他 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院衛生士宇佐見です。

きのうは、朝はお天気がよかったので、久しぶりに洗車をしました…

が、せっかく洗ったのに雨が…そしてすぐにやみ悔しいので今度は軽く水で洗い吹きあげそして外出。そしたらもう一度雨…

もうあきらめました…


TOMS

| ④ 日常, ⑦ 友人 |
松戸市小金原しんぽ歯科医院 歯科衛生士 松下です。TOMS shoesってご存知ですか?私も知らなかったのですが、フロントの松井さんがはいていた靴がとても素敵だったので聞いたところ、とても意義のある靴と知り先日購入しました。

TOMSshoesとは、アメリカ人、Blake Mycoskieがアルゼンチンのとある村で子供たちと触れ合い彼らが自分の足を守る靴を持っていない事実を知った事がきっかけで、2006年設立されました。1足の靴が購入されるたびに、世界で靴を必要としている子供に新しい1足の靴が贈られます。

小さな事から国際貢献できて、黒のグリッターの靴もはけて(松井さんと色違いになっちゃいましたが)二重に嬉しいです。

 

 

 
 

新米

| その他 |

 

はじめまして 

松戸市しんぽ歯科医院 新米衛生士の嶋村でございます。

お会いした人も これからお会いする人も

どうぞよろしくお願いいたします。

 

第一稿は、嶋村はどんなスタッフかとお知りいただきたく、

まずは両親の写真です。

 

ペーパー夫婦


松戸市小金原 しんぽ歯科医院です。

Facebookでとても興味深いページを見つけました。去年の8月から参加されてるらしいので、たくさん投稿がありますが、とりあえず4月の投稿分を転載しますので、皆さんのご覧ください。

 

以下、歯科塾より

[世界に広がる日本食]

「健康」に対する関心の高まりによって、海外において日本食が人気だといいます。

JETRO(日本貿易振興機構)の調査によると、7カ国で、「最も好きな外国料理」を調査(※1)したところ、米国を除く6カ国において、「最も好きな外国料理は日本料理」という結果だったといいます。
※1)調査は2012年12月、7カ国(中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリア)の20歳から59歳までの計2,800人を対象に、インターネットを通じて実施。

日本政府は、クールジャパンという日本文化の輸出政策を積極的に推進していますが、日本の食文化の素晴らしさを発信していくことで、私たち自身も栄養バランスのとれた日本食の価値を見直すきっかけになると感じます。

積極的に食育活動に関わっている多くの歯科医療従事者の方々に感謝いたします。

写真: [世界に広がる日本食]</p>
<p>「健康」に対する関心の高まりによって、海外において日本食が人気だといいます。</p>
<p>JETRO(日本貿易振興機構)の調査によると、7カ国で、「最も好きな外国料理」を調査(※1)したところ、米国を除く6カ国において、「最も好きな外国料理は日本料理」という結果だったといいます。<br />
※1)調査は2012年12月、7カ国(中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリア)の20歳から59歳までの計2,800人を対象に、インターネットを通じて実施。</p>
<p>日本政府は、クールジャパンという日本文化の輸出政策を積極的に推進していますが、日本の食文化の素晴らしさを発信していくことで、私たち自身も栄養バランスのとれた日本食の価値を見直すきっかけになると感じます。</p>
<p>積極的に食育活動に関わっている多くの歯科医療従事者の方々に感謝いたします。</p>
<p>解説・浦濱隼人<br />
2013/04/05</p>
<p>=============================<br />
次回歯科塾(第7回)は、4/21(日)です☆<br />
※詳細&お申込みはコチラから<br />
http://www.facebook.com/events/496393107070814/

解説・浦濱隼人
2013/04/05

 

[アンパンマンの生みの親が作った歯科詩集]

アンパンマンの作者である、やなせたかし氏が「は、は、は、歯のおはなし 歯科詩集(かまくら春秋社)」という歯の詩集を発表しました。

29編の詩には、やなせ氏が描かれたイラストが添えられ、やなせ氏の94年にわたる歯とともにあった人生の一幕を彷彿させられます。

冒頭は、こう始まります。
=============================
歯(は)はシ
詩(し)はシ
歯科は
詩歌
だから
できた
歯科詩集
============================

巻末には、『「詩」と「歯」の幸福』と題して、やなせ氏と日本歯科医師会会長の大久保満男先生の対談も収録されていて、非常に含蓄に富んだものとなっています。
写真: [アンパンマンの生みの親が作った歯科詩集]</p><br />
<p>アンパンマンの作者である、やなせたかし氏が「は、は、は、歯のおはなし 歯科詩集(かまくら春秋社)」という歯の詩集を発表しました。</p><br />
<p>29編の詩には、やなせ氏が描かれたイラストが添えられ、やなせ氏の94年にわたる歯とともにあった人生の一幕を彷彿させられます。</p><br />
<p>冒頭は、こう始まります。<br /><br />
=============================<br /><br />
歯(は)はシ<br /><br />
詩(し)はシ<br /><br />
歯科は<br /><br />
詩歌<br /><br />
だから<br /><br />
できた<br /><br />
歯科詩集<br /><br />
============================</p><br />
<p>巻末には、『「詩」と「歯」の幸福』と題して、やなせ氏と日本歯科医師会会長の大久保満男先生の対談も収録されていて、非常に含蓄に富んだものとなっています。</p><br />
<p>記事・浦濱隼人<br /><br />
2013/04/04</p><br />
<p>=============================<br /><br />
次回歯科塾(第7回)は、4/21(日)です☆<br /><br />
※詳細&お申込みはコチラから<br /><br />
http://www.facebook.com/events/496393107070814/
記事・浦濱隼人
2013/04/04

 

[歯の博物館]

愛知県歯科医師会が運営している『歯の博物館~歯と口の健康ミュージアム~』をご存知でしょうか。

企画展ゾーン/歯の基礎知識ゾーン/歯科の歴史展示ゾーン/歯の体験ゾーンの4つのゾーンがあり、咬合力測定体験などもできるようになっています。

=============================
【場所】
愛知県歯科医師会館1階 あいち口腔保健センター内
<名古屋市中区丸の内3丁目5-18>

【開館時間】
10:00~12:00/13:00~16:00

【開館日】
木・土・日・祝
※但し、お盆(8月13日~15日)、年末年始(12月29日~1月5日)は休館

【入館料】
無料

【問い合わせ先】
TEL : 052-962-8020
※団体での入館の場合は、事前問い合わせが必要なようです。
=============================

歯を身近に感じることのできる、知る人ぞ知る穴場スポットなので、オススメです☆

写真: [歯の博物館]</p>
<p>愛知県歯科医師会が運営している『歯の博物館~歯と口の健康ミュージアム~』をご存知でしょうか。</p>
<p>企画展ゾーン/歯の基礎知識ゾーン/歯科の歴史展示ゾーン/歯の体験ゾーンの4つのゾーンがあり、咬合力測定体験などもできるようになっています。</p>
<p>=============================<br />
【場所】<br />
愛知県歯科医師会館1階 あいち口腔保健センター内<br />
<名古屋市中区丸の内3丁目5-18></p>
<p>【開館時間】<br />
10:00~12:00/13:00~16:00</p>
<p>【開館日】<br />
木・土・日・祝<br />
※但し、お盆(8月13日~15日)、年末年始(12月29日~1月5日)は休館</p>
<p>【入館料】<br />
無料</p>
<p>【問い合わせ先】<br />
TEL : 052-962-8020<br />
※団体での入館の場合は、事前問い合わせが必要なようです。<br />
=============================</p>
<p>歯を身近に感じることのできる、知る人ぞ知る穴場スポットなので、オススメです☆</p>
<p>記事・浦濱隼人<br />
2013/04/03</p>
<p>=============================<br />
次回歯科塾(第7回)は、4/21(日)です☆<br />
※詳細&お申込みはコチラから<br />
http://www.facebook.com/events/496393107070814/

記事・浦濱隼人
2013/04/03

 

[4月2日は、歯列矯正の日]

4月2日は、歯列矯正の日です。※(しれつ)の語呂合わせ

日本では、「ひな祭り」「七夕」など、伝統的な行事として定着しているものから、「○○の日」「○○記念日」といった業界や企業が設定したものまで、およそ1,200種類以上の記念日があるといわれています。

バレンタインデーは、年間のチョコレート消費量の25%を占めるといわれるぐらい一般の方々に浸透していますが、歯科も、業界全体で、国民のデンタルIQを啓蒙できるような活動をしていけると素晴らしいと思いますし、その必要性を感じます。
写真: [4月2日は、歯列矯正の日]</p><br />
<p>4月2日は、歯列矯正の日です。※(しれつ)の語呂合わせ</p><br />
<p>日本では、「ひな祭り」「七夕」など、伝統的な行事として定着しているものから、「○○の日」「○○記念日」といった業界や企業が設定したものまで、およそ1,200種類以上の記念日があるといわれています。</p><br />
<p>バレンタインデーは、年間のチョコレート消費量の25%を占めるといわれるぐらい一般の方々に浸透していますが、歯科も、業界全体で、国民のデンタルIQを啓蒙できるような活動をしていけると素晴らしいと思いますし、その必要性を感じます。</p><br />
<p>解説・浦濱隼人<br /><br />
2013/04/02</p><br />
<p>=============================<br /><br />
次回歯科塾(第7回)は、4/21(日)です☆<br /><br />
※詳細&お申込みはコチラから<br /><br />
http://www.facebook.com/events/496393107070814/
解説・浦濱隼人
2013/04/02

 

[新入学生、新社会人の皆様の門出をお祝い申し上げます]

新入学生、新社会人の皆様の門出を心よりお祝い申し上げます。新たな環境に変わることで、期待や不安に胸ふくらませていることと思います。

歯科塾には、社会で活躍されている素敵なドクター、スタッフの方々との出会いがありますが、その方々が一様におっしゃるのが、「振り返ってみると、人との出会いが、自分の道を切り拓いてくれた」ということです。

3年以内に、新社会人の3割が会社を辞めてしまう時代ですが、石の上にも3年。まずは、自らが選択した道を信じて歯科医療にまい進されることが素敵な将来につながっていくと思います。

悩まれることや、道に迷うこと、他院の方々と交流してみたいなと思われたときは、是非、歯科塾に遊びに来てください。多くの素敵な先輩方が温かく迎えてくれます。

記事・浦濱隼人
2013/04/01


行って来ました

| ④ 日常 |
P2013_0326_110605 P2013_0306_122357

松戸市しんぽ歯科 衛生士柴田です。 先日 院長先生がスタッフに紹介してくれた赤坂のLAWRYSに息子と行って来ました。長男はスタッフと会話しながら楽しく食事してました。次男は緊張してあまり食べられなかったと… あ〜 肩が凝ったですって(^^;)(;^^)


Joseph Kan

Joseph Kan

 

Henry Takei

Henry Takei

 

William Yancey(副歯学部長)

 

松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です。

一週間研修が終わりました。
後半のハイライトは1ヶ月前にも来日したばかりのロマリンダ大学のジョセフカーン教授によるソフトティシューマネージメントについてのレクチャー。
前歯のインプラント治療において遭遇する様々なケースについてどのように治療計画をたてて治療していくのか。
数多くの文献をもとにエビデンスベース診断していくことはとても重要です。今回の研修でも嫌というほど痛感させられました。

夜学内で行われたパーティーで歯周病の大家のヘンリータケイ先生と話す機会があり、診断や説明に時間を取れない程患者さんを診ることは
後でお互いに悪い結果になるのですぐに止めなさいとアドバイスをもらいました。
私の恩師である予防歯科の第1人者の熊谷崇先生とヘンリー先生とは旧知のなかなので日本の歯科事情についてはご存知で、いろいろな制約があっても1本でも多くの歯を残す努力をしなさいと繰り返し言われました。但しきちんと診断して悪い歯は早めに抜歯をし治療してメインテナンスしなさいと。
当医院の方向性についても意見を交わしましたが、目指してきた事は間違いないので気を抜くことなく精進しなさいといわれました。。但し衛生士も含めもっと文献をよむようとの御指摘、これからの課題です。
2年間にわたるUCLAジャパンプログラムは今回でひとまず終了となりますが、9月にLAにてどう展開していくか先方と打ち合わせしてきます。
今回幹事の大役をおおせつかり、日米両国のトップレベルの臨床家の方々と深い絆で結ばれたキャリアはわが医院と私にとっての大きな財産となりました。
ヤンシー副学部長はじめJAIDの諸先生方、気持ちよく送り出してくださった当院の患者さん方、留守を守ってくれたスタッフの皆様身に改
めて御礼を申し上げます。

とび森

| ④ 日常 |
とび森

 

松戸市 小金原 しんぽ歯科 衛生士沼田です。

イースターのイベント、本気出して頑張りました(笑)

大当たりの券がいっぱいでたのでぴょんたろうの写真部屋をつくりました^^

とび森


| その他 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院受付の小出です。

今年は例年より早い桜の開花でしたが、みなさんお花見は行かれましたか?私は先週桜の名所といわれる上野恩師公園へ初めて行ってきました。沢山の花見客で賑わっていましたが、テレビで報道されているようなドンチャン騒ぎをしている人はなく、桜のトンネルはとてもきれいでした!!しかし、桜のきれいな時期は短くもうチラチラと散ってしまっていますね。桜のトンネルもきれいですが、風にふかれてひらひらと舞う桜の花びらの絨毯!?もまた、目を惹かれます。

そして桜の木の下には桜模様の車が・・・


カレンダー

2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930