» 2011 » 11月のブログ記事

スライム肉まん

| ④ 日常 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院衛生士宇佐見です。

このビジュアル凄いですよね。ドラゴンクエストのスライムというキャラクターで、今日からファミリーマートで数量限定で発売されています。

味は普通の肉まんなんだと思いますが、どうもこの青色にやられてイマイチな気がしました…。一緒に衛生士の沼田さんと食べたのですが、『ちょっと食べるのかわいそうだよね』などといいながらも、一個ずつ完食しちゃいました≧(´▽`)≦


 


松戸市小金原しんぽ歯科医院新保です。

20日日曜日東京国際フォーラムにて第一回UCLAジャパンプログラムが開催されました。
USCに続きライバル校であるUCLAが歯学部が主催の本格的な卒後研修プログラムです。
私の兄貴分である、宇田川歯科医院の宇田川先生がプログラムチェアマンを務めている関係上、私もお手伝いをする事になりました。
プログラムの責任者である、ビルヤンシー副学部長、トッドシェーンバウム審美歯科学助教授、奥様のエイミー一向は18日に来日され、そのお世話役を私達がする事になりました。
写真は錦糸町の天ぷらや“よこやま”で京風てんぷら(ミシュラン1つ星)ということだけあり、ご主人が作り出す料理はいつも食べているつゆではなく、塩とレモンで食べる繊細な味の天ぷらでした。
いささか天ぷらと言えばてんや(笑)の私には、贅沢極まりない時間でした。

初めて天ぷらを食べる外国の方には、味の程はどう伝わったのでしょうかね(^▽^;)


韓国

| ④ 日常 |

P2011_1119_164315.JPG松戸市しんぽ歯科衛生士柴田です。 先日 毎年恒例の中学の時の同級生に会ってお喋りをしてきました。以前は子供の話で終わっていた時間も子育てに一段落したのか自分達のスキルアップの話やアンチエイジングの話で盛り上がりました。 その中の1人は独学で韓国語を勉強しどれくらい会話ができるか試したくなり韓国に行ってきたそうです。同級生と将来を話たりするのは何歳になっても楽しいです(^-^)


松戸市小金原しんぽ歯科医院事務の清水です。

11月の第3木曜日の今日は、ボージョレヌーヴォーの解禁日です。

我が家でも、ヌーヴォーとチーズでささやかな乾杯!をしました。軽くて飲みやすいヌーヴォーは、お酒に弱い私でもおかわり出来ちゃいます。つい調子に乗りすぎて、顔がトマトになりました~!!

明日、おきられるかな?


研修会

| ② 研修・セミナー |

松戸市小金原しんぽ歯科医院新保です。

12.13の2日間噛み合わせ医療会主催の総義歯セミナーに参加してきました。10月に参加した有歯顎のアドバンスになります。

インプラント全盛の歯科界ですが、義歯治療のニーズはまだまだ多く研鑽の必要なジャンルです。

講師の白石一男先生曰く、噛み合わせ治療を習得するためには総義歯の調整がきちんと出来なければならない!!
との事、答えは簡単です。取り外して見て調整できますね、実際の歯があれば取り外せませんから難しい訳で…総義歯は噛み合わせを学ぶ最高の教材です。

2日間とても良い勉強になりました。ありがとうございました。



111115_131315.jpg

松戸市小金原しんぽ歯科医院 衛生士沼田です

恒例の1ヶ月に一度のスタッフ全員で行うミーティング、やってますdecore_e_yuru_hiyoko_08.gif

ちょうどお昼時なのですぐお腹がグーっていっちゃいます SB-txt-fon-015.gif


とらふぐ

| ④ 日常, ⑤ 地域 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院の新保です。

去る木曜日の夜、外国からのお客さんの接待でいつもお世話になっているう奈ぎ道場さんへ行って来ました。
今回のお目当てはなんと言ってもふぐを食べる事でした。勿論ひれ酒もですが…

細かい日本料理の説明が出来るほどの語学力は勿論ありませんのでこちらのご主人の包丁さばきを見せれば外国人も一目瞭然!!しきりにカメラとビデオ撮影していました。

初めて食べるふぐ料理の説明にもしきりに感心、菊の花のように切った切り身の端を垂直にピンと立たせる腕の良い板前さんがいて、まるごとのふぐをささばいて出してくれるお店選のも大事だそうです。
最初から皮を剥いであるふぐを出す店も残念ながらあるようです。

この店のご主人の考えははっきりしています。
いたずらに安くして適当なものを提供してはいけない!!
あの焼肉屋の死亡事件が良い例です。

我々歯科医も肝に命じなければなりません

その後アメリカ人の接待でふぐ屋はどうかと言う事になり多分河豚と海豚がごっちゃになるから多分食べないんじゃないか?と連れのアメリカ人が言い出しなぜか話しはグリーンピース批判へ!
こうなれば私とご主人は止まりません(爆)
最後にあれはバンクーバーでカナダだよとの一言(笑)

ご馳走さまでした。



陽春館文化祭

| ⑤ 地域 |


松戸市小金原しんぽ歯科医院、衛生士宇佐見です。 昨年に続き松戸市金ヶ作にある有料老人ホームパークヴィラ陽春館さんの文化祭にお招きいただきました。当日はクリニカルコーデイネーターの石川さんと一緒に当院の患者様の応援に行ってきました。 カラオケ、書、編み物の展示とどれもこれも年季の入った発表ばかりで見ごたえ十分でした。
石川さんより話には聞いていたのですが、趣味は長く続けてこそ人を感動させられる域に達するものなのですね。 カラオケの発表は“陽春館のディック・ミネ”と呼ばれる患者様が体調不良を押して参加されたのですか、見事に2曲を歌い上げられホッとしました。 来年もお元気なお姿も見せてください。


京成バラ園

| ④ 日常, ⑥ 趣味 |

111106_123950.jpg松戸市小金原しんぽ歯科医院クリニカルコーディネーターの石川です。

今にも泣き出しそうな曇り空の日曜日、「きっと空いているはず」と主人と二人で京成バラ園に秋バラを観に行ってきました。

笑っちゃうことに秋のカップル割引開催中。窓口で「愛してます。」と言えたら1人800円の入場料が、二人で1000円に。

もちろん主人は知らんふり。

私が一人で宣言してきました。

初夏のそれに比べてまた違う表情をみせてくれます。

咲いている花の数は初夏には及びませんが、赤い実をつけたバラはとっても風情があって好きですし、まるで紅茶のような香りのティーローズはむしろ秋のほうが深みがあるような気がします。

主人はもともと花には全く関心が無いのですが、「バラは木なんだな。冬の剪定の仕方が肝心だって、今年の冬はここで切るのかな?」なんて言って付き合ってくれました。

この調子で力持ちの相棒がバラ好きになってくれたら、次の植え替えは非力ゆえ泣く泣くプラスチックに変えてしまった鉢を素焼きの素敵で快適なものに戻せるかも。

併設のレストランでは自家製のハーブを使ったお料理を提供していてお腹も幸せにしてくれました。

添付した写真は今年の新作切花用のバラで「エキサイテイングメイアン」です。


薬味

| ④ 日常 |

松戸市小金原 しんぽ歯科医院受付成澤です。

北海道のある地方では秋刀魚の刺身を食べるとき、薬味に一味唐辛子を使っている、とあるテレビ番組で紹介されていました。意外そうですが、これってホントにおいしいんですよね。コショウを使うところもあるそうですが、これは試したことがありません。おぼえていたら、いつか使ってみたいですね、今のところ予定はありませんが。
ところで、皆さんはところてんを食べるとき薬味は何を使いますか。私はショウガを使います。さっぱりしておいしいと思うんですが、関東の方はからしが主流みたいなんですよね。それとも、全国的にからしなのでしょうか。皆さんは薬味に何を使ってますか?


うなぎ

| ④ 日常, ⑤ 地域 |

松戸市小金原しんぽ歯科医院衛生士宇佐見です。

先日院長とお世話になっている方と私の三人で北松戸にあるう奈ぎ道場に行ってきました。

う奈ぎ道場の道場主鹿野さんから料理を提供してくださる間に、うなぎに関する事を教えてくださったので、いくつかご紹介したいと思います。

まず“うなぎ”の語源うなぎのお腹が黄色みを帯びているので、胸が黄色い→胸黄(むなき)→“うなぎ”に転じた説と、川に鵜がいまして、この鵜がもぐってうなぎをくわえて水面に出てきた所、うなぎが鵜の首に巻きつき、鵜が難儀した。ということから、鵜難儀(うなんぎ)→“うなぎ”になったと言う説もあるそうです。

あと、うなぎは雑食であり、目の前にあるものを何でも食べてしまうそうです。

先程語源にも出てきたお腹ですが、天然うなぎと養殖うなぎの見た目の違いは、お腹の色が全く違うそうです。天然物は腹側が黄色く、養殖物は真っ白だそうです。

最後にうなぎは湿った所であれば、切り立った絶壁でも体をくねらせて這い登るので、“うなぎのぼり”の語源の一つでもあるそうです。

この様に色々と教えてくださり、ふむふむと納得しながらいただきました^^

ここで私達がいただきましたメニューのご紹介です。

~釜揚げ小海老の霙和え~

 愛知県産の釜揚げの小海老を大根おろしであえたもの

~生柳葉魚の風干し~

 北海道産の生の柳葉魚を道場主自ら風干した物をあぶったもの

~毛ガニ~

 毛ガニを茹でたもの。う奈ぎ道場ではカニは姿では出さないそうです。何故ならば食べづらいからだそうです。

~小芋と蛸の焚き合わせ~

 石川芋の白煮と、活きた生蛸を柔煮にしたもの振り柚子をして香りをプラスしたもの

~鰻の白焼き~

 天然鰻と養殖鰻の違いを食べ比べしました。左が天然右が養殖でした。

 3人で利き鰻をしました。院長だけが天然物を区別出来ました。

~鮟鱇の肝~

 鮟鱇の肝を血抜きし薄皮を取り丁寧に処理した物を蒸し上げにし、ポン酢と紅葉卸しで

~鰻重~

 最後をかざりました

見てるだけで、お腹すいてきちゃいますね^^私もこれを書いているとき、お腹かの虫が鳴っちゃいました(笑)


カレンダー

2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930